しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 愛媛県道後温泉。大阪府犬鳴山温泉、愛知県常滑市、長野県諏訪市

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

ワカサギ、ヘラブナ、シマアジ、ヘダイ、マダイ、カワハギ..紹介

アートイベント.JPG <1月 たび/一期一湯/愛媛・松山・道後温泉/「歴史」と「進化」の名湯/「「坊っちゃん」を読みながら(記事を読む)>


     index_3.jpg1月の「たび」から紹介します。新年号は「一期一湯」の愛媛県松山市・道後温泉。威風堂々とした本館は、ここだけ時間が止まったよう。「湯うゆう気分」は大阪府の犬鳴山温泉。成分豊かな湯がかけ流しでした。愛知県常滑市はやきものの町。土管坂や十本煙突、焼物の招き猫「とこにゃん」がありました。「ツルシのぶらり探訪」は、伊藤千代子の故郷・長野県諏訪市。反戦平和を貫いて24歳で獄死した生涯を思いました。
 

<1月 たび/一期一湯/愛媛・松山・道後温泉/「歴史」と「進化」の名湯/「「坊っちゃん」を読みながら(記事を読む)>

<12月 たび/米国ハワイ州オアフ島/七色の虹が「歓迎」/海・登山・地元グルメ体験(記事を読む)>

 


image
 

 赤旗編集局には読者の方から「つりだより」や釣行記が連日届いています。
「つりだより」は「赤旗」日刊紙の地方版に日・月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。
 釣行記や釣り入門記事などは、日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で紹介しています。1月は淡水ではワカサギやヘラブナ、海では堤防からのシマアジやヘダイ沖のマダイやカワハギの釣行記を予定しています。
 どの記事も「赤旗」つり欄の“応援団”が現場に足を運んで書いたものばかりです。「だから信頼できる」と読者の皆さんに喜ばれています。また読者との交流も広がっています。「つりだより」と釣行記の新しい書き手も大歓迎、募集中です。
 

<1月 つり/マダイ/東京・大島町波浮港/シマアジと思いきや/ゴンゴンと手応え(記事を読む)>

<11月 つり/ワカサギ/愛知・入鹿池/初期で群れ小さい/入れ食いなく苦戦(記事を読む

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。更新は週1回です。

釣りだより  ここをクリック 2月掲載分から


◎たび/一期一湯/愛媛・松山・道後温泉/「歴史」と「進化」の名湯/「坊っちゃん」を読みながら

飛鳥乃湯泉.JPG 松山空港へ向かう機中で二十数年ぶりに「坊っちゃん」(夏目漱石)を読み返しました。あらすじはほぼ忘れていましたが、舞台が温泉地であることは記憶に刻まれていました。
 小説の舞台となった道後温泉(愛媛県松山市)には、1894(明治27)年に建てられた公衆浴場「道後温泉本館」が現存。松山中学に英語教師として赴任した漱石も通った歴史ある名湯です。
 土産物店や飲食店が並ぶにぎやかな商店街を抜けると、本館の建物が姿を現します。公衆浴場として初めて国の重要文化財に指定された木造3階の建物は威風堂々としており、ここだけ時間が止まってしまったかのよう。圧巻です。
 本館には男女別にそれぞれ「神の湯」と「霊の湯」の二つの浴場があり、湯上がりに休憩室でのんびりできるコースも用意されています。

 「坊っちゃん」にはこんな記述があります。「温泉は3階の新築で上等は浴衣をかして、流しをつけて8銭ですむ。その上に女が天目へ茶を載せて出す。おれはいつでも上等へ這入った」
 上等とは、現在の「霊の湯三階個室」のこと。小説の世界に浸ろうと、霊の湯と神の湯の両方に入浴できるコースを選択しました。
 浴室は広さや意匠がそれぞれ異なりますが、共通しているのは「湯釜」という大きな円柱形の湯口が鎮座すること。湯釜からやわらかな透明湯がかけ流しにされています。小説の主人公が湯船で泳ぎたくなったのも理解できる気持ちよさです。ドボドボと湯釜から絶えず流れ落ちる湯の音に、漱石をはじめ多くの先人が癒やされてきたことを思うと感慨深いものがあります。

 入浴後、天目台に載ったお茶と菓子で接待されるのは今も同じ。「輪島塗の天目台は傷むたびに漆を塗り替えて大事に使っているので、数十年働くスタッフも天目台を新しく買い替えた記憶がないそうです」と話すのは、道後温泉事務所の柴田仁さん。歴史と伝統を実感するエピソードです。なお、今秋以降、本館は保存修理工事に入る予定ですが、工事中も温泉には入浴できるのでご安心を。
 翌日は2017年9月にオープンしたばかりの「道後温泉別館飛鳥乃湯泉」へ。本館と同じく、広間で休憩できます。モダンな雰囲気の館内には伊予絣や砥部焼、今治タオルなど愛媛の伝統工芸がふんだんに使われていて、見どころがいっぱい。温泉地の「歴史」と「進化」の両方を体感できる旅となりました。
 高橋一喜

【交通】伊予鉄道市内電車の道後温泉駅下車。松山自動車道松山ICから約25分
【問い合わせ】道後温泉事務所℡089(921)5141。道後観光案内所℡089(921)3708
(1月1日付)


◎たび/米国ハワイ州オアフ島/七色の虹が「歓迎」/海・登山・地元グルメ体験

MAP.jpg アロハ(ハワイ語のあいさつ)。自分へのごほうびに出かけた米国50番目の州、ハワイ。八つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島の中心、オアフ島のホノルルに飛行機は到着しました。
 4日間、12人のオアフ島ツアーの初日、シャワーと呼ばれるにわか雨が降り、七色の虹が出現しました。「初日の虹は〝歓迎〟の意味だそうよ」と同行者。ハワイはレインボーステイツ(虹の州)といわれ、ナンバープレートにも虹がデザインされています。
 宿泊は、ワイキキビーチが眼前に広がるコンドミニアム。キッチンがある施設です。窓を開けると風が通り、ザザーッという波の音が心地いい。連日、あかね色の夕日を堪能しました。
 夜は、ハワイアンショーを見ながら夕食です。ポキ(魚の切り身)など、地元産食材を使ったポリネシア料理をいただきました。
 翌日は島の東部、カネオヘ湾へ。引き潮で現れる広大な白い砂浜・サンドバーが有名で〝天国の海〟と呼ばれます。ここでシュノーケリングに挑戦です。船で沖へ出て、水中メガネ、シュノーケル(J字形の呼吸管)、ライフジャケット、フィン(足ヒレ)をつけ、海を進んでいきます。水中をのぞくと、サンゴの周りには、黄色と白が鮮やかなバタフライフィッシュなどの熱帯魚が乱舞。海には大きなウミガメも。
 次の日は、ハワイのシンボルの火山、ダイヤモンドヘッド(標高232㍍)に登山しました。1時間足らずで頂上へ着きます。ワイキキの街並み、青い海を360度眺望すると、ここでも虹が…。
 最終日、屋外にある生産者の直売所・ファーマーズマーケットを訪問。ダイヤモンドヘッドの麓にあるKCCファーマーズマーケットには、メイドインハワイの野菜や果物、B級グルメ、お土産などが並びます。冷たいアサイペーストに果物がのった人気のアサイボウル、葉野菜のケールやパイナップル入りグリーンスムージーを楽しみつつ、広いマーケットを見て回りました。シャワーが降って、また虹が空を彩りました。
 ハワイの日系人の歴史や日本文化を紹介したギャラリー、ハワイ日本文化センターへ。
 同行した36歳の日系米国人男性は、「当初は差別が激しかったが、日系人の活躍が日系人の社会的地位を向上させた」と語ります。日系移民が暮らした家や商店、学校などが再現され、当時をしのびました。
 ハワイ滞在中はスイーツも満喫。人気店のパンケーキや、ハワイのナンバーワンスイーツ、マラサダを購入。パンケーキはもっちり、マラサダは揚げパンのようで、とても美味でした。
 田中一実

【交通】羽田、成田、関西、中部、札幌、福岡の各空港から直行便
【旅の情報】インターネットで「ハワイ州観光局」を検索
(12月14日付)
 


◎つり/マダイ/東京・大島町波浮港/シマアジと思いきや/ゴンゴンと手応え

たい1.JPG 東京都大島町の波浮港へシマアジ狙いで12月6日の午後3時に入りました。私の家からは近場です。晴れて北風がやや強く吹いていますが、釣りには影響ないでしょう。

こまめに調整

 11月中旬から海の荒れる日が続き、逃げ場にしていたポイントです。6日前にはマダイ37~44・5㌢を4尾釣りました。その時は50㌢のマダイを海面まで浮かせ、あと1㍍でタモ取り寸前にハリスを切られるという、結構面白い経験もありました。
 シマアジは釣れだしてから26~31㌢を25尾釣っています。このポイントのシマアジやマダイは連日のように攻められて相当スレています。それで付けエサの残り具合をチェックしながら、こまめにタナを調整しないと釣れません。
 開始から6投目、ウキが素早く潜りました。タナは7~9㍍で手元に魚のアタリが伝わってきます。かなり鋭い引きから、地元でジャミシマと呼ぶ小型のシマアジでしょう。海面まで元気に抵抗するのを抜き上げました。シマアジはいつ見てもきれいな魚で29・5㌢ありました。シマアジは夏から、もう少し小型が釣れていました。最近は群れの数もかなり減ってきました。サイズアップを狙って仕掛けを入れます。
 ところが、シマアジはきませんがエサ取りが続きます。正体はショウサイフグです。これは数年前に発生したのです。幼魚が港内の海面を絨毯のように広がって泳いでいるのをみました。今は30㌢前後になってコマセに群がって邪魔をします。

型はいま一つ

大島map.jpg 1時間後、ウキが横になったりして何かがエサをつついています。数秒後ウキが潜りました。すかさず合わせると結構な引きがきました。これもシマアジ?と思って巻くと、ゴンゴンとしたタイ特有の手応えが伝わってきました。「あまり大きくない」と思って抜き上げました。30㌢のマダイでした。
 それからはタナをあれこれ変えてみますが、ショウサイフグのオンパレードです。この日はこれまでと、4時半に切り上げました。
 現在の水温は18度前後と高く、冬の潮への過渡期です。メジナはボツボツと釣れますが、型はいま一つで、40㌢級は水温が下がり磯に海藻が付くこれからです。ブダイやイズスミの大型もサオを絞ってくるでしょう。
 赤旗APC 東京・磯辺努
(1月1日付)


◎つり/ワカサギ/愛知・入鹿池/初期で群れ小さい/入れ食いなく苦戦

釣果.JPG 例年、11月に入ってから行くのですが、インターネットで入鹿池(愛知県犬山市)のワカサギが釣れ始めたとのこと。10月17日に行ってみました。

ブルーギルも

 秋雨前線の影響で雨続きですが釣りにはなりそうです。午前7時前にお世話になる船宿に到着。主人にあいさつして、ポイントを聞きます。
 前々日に名人が500尾弱釣ったという「なかや荘ワンド沖」に向かいます。そこは桟橋から入鹿池を横断する、手こぎボートでは少しきつい距離です。
 ワンドの入り口付近からボートをこぐスピードを落として魚探をチェック。減水で池全体が浅い。水深7㍍地点にアンカーを入れ、開始。仕掛けを底まで落とすと、即アタリ。素早く合わせると強烈な引き、手の平サイズのブルーギルでした。2投目も強烈な引きで幹糸から切れました。これはたまりません。
 岸に近い所がブルーギルは多いので、少し東側の深場に移動。水深7・6㍍地点に出た魚探反応は消えましたが、仕掛けを投入するとかすかなアタリ。合わせると、当歳魚が釣れました。「まぁ、ここで粘ってみよう」
 サオは2本、エサは紅サシの半切りと赤虫をそれぞれのサオに分けて使います。群れが回遊してきたときにアタリあり、誘って合わせを入れてハリに掛けます。
 26㌢のサオは合わせがききます。28㌢ザオは優しい誘いができます。始めは26㌢ザオの赤虫に掛かりましたが、ブルーギルも掛かります。上バリにワカサギ、下バリにブルーギルも数回ありました。ハリスは切られるし仕掛けはからむという、我慢の釣り。

やさしく誘い

愛知MAP.jpg 午後になって雨が上がり、28㌢ザオの紅サシにアタリが増えてきました。どうも優しい誘いが有効なようです。しかし、相変わらず群れ待ちで入れ食いにはなりません。周囲にいたボートもだんだんバラケて私ともう一艘だけになりました。
 午後、カウンターでようやく50尾を超えました。時々掛かるので場所移動もできません。4時近くに80尾を超えたので帰り支度をはじめ、4時半に桟橋に帰着。
 釣果はワカサギ10~6㌢を84尾。船宿の話では皆が苦戦したといいます。
 見晴茶屋℡0568(67)0705、ボート1日2500円。
 愛知・エサ取名人
(11月2日付)


釣りだより 2月掲載分から

【北海道・幌別沖のソウハチ】16日、曇り、大潮、西北西風。室蘭市の追直(おいなおし)漁港から8人で乗り合い出船。航程1時間の幌別沖で、午前7時半~11時半までに、ソウハチカレイ20~38㌢30尾、スケソウダラ35~45㌢10尾。10時ごろからソウハチ150尾と大漁の人も。私は仕掛けとタナが違ったようで貧果。7㍍の風で寒さとのたたかい。サオ2・7㍍80号、電動リール、道糸PE5号、幹糸14号、ハリス・フロロ8号、ハリ・ネムリセイゴ18号、エサ赤イカ、オモリ180号、サオホルダー。時々シャクる。(北海道森釣凡)

【千葉・洲崎沖のヤリイカ】16日、晴れ、大潮、北東の風。鋸南町・勝山漁港から18人で乗り合い出船。洲崎沖から白浜沖水深150~200㍍で、ヤリイカ30~50㌢19杯。大型が主体だった。船中6~53杯。ハリス5号10㍍、11㌢プラヅノ7本、オモリ150号、オマツリ多発で思うような釣りができなかった。(千葉・三番瀬守)

【東京・大島のメジナ】16日、晴れ、大潮、東風。大島町の千波で、午後4時半~7時半までに、クチブトメジナ32~43㌢4尾。始めて1時間は小メジナやフグのエサ取り。フグにハリを3本取られた。満潮時に中型が2尾続けてきたが後が続かない。7時近くに漂わせていたウキが変化し道糸がスルスルと出ていく。合わせるとしっかりした手応え。なかなか魚は浮かない、慎重に寄せてタモ取りしたのは43㌢1・26㌔の立派なクチブトだった。(赤旗APC・東京・磯辺努)

【愛知・佐久島のメバルノソ】16日、曇り、大潮。南知多町の片名港から渡船で午後5時に佐久島の西港に渡り、翌朝6時までに、メバル17~24㌢29尾、ノソ18~25㌢5尾、カサゴ17㌢1尾。10尾検量2㌔で2位。1位は2・66㌔。メバルザオ7・2㍍、道糸ナイロン3号、4本バリ、オモリ割りビシ大大、エサ青イソメ。道糸をサオ尻まで伸ばす。翌朝2時ごろから強風。誘うとアタリは出るがハリ掛かりしない。釣れても口の皮1枚のことがたびたび。(愛知・へぼ釣り師)

【岐阜・長良川のアマゴ】17日、曇り時々雪、風時々強。郡上市美並町深戸の長良川で、午前9時~正午までに、養殖アマゴ21~22㌢3尾。郡上漁協の追加放流日で釣り人多い。減水。水はきれい。渓流ザオ6㍍、道糸0・4号、ハリス0・3号、ハリ・イクラスペシャル6号、毛糸目印3カ所、エサ・イクラ。今回の放流魚はエサを見て寄ってくるが食わなかった。せっかくの放流日だったが、エサを食わなくては釣れない。次の追加放流待ち(愛知・エサ取名人)

【兵庫・須磨海岸一文字のガシラ】15日、晴れ、大潮。神戸市の須磨海岸一文字(東より三つ目)で、午後6~10時までに、ガシラ13~22㌢18尾。友も同釣果。サオ5㍍、道糸3号、ハリス1・5号、ハリ・チヌ2号、エサ青虫、電気ウキ1号。波止際を根気よく探る。ほかの波止では釣れていない。JR須磨海浜公園駅から徒歩10分、ゴムボート15分。(兵庫・根津富太郎)

【広島・瀬戸港のアジメバル】14,15日、晴れ、大潮、弱風。呉市倉橋町鹿島の瀬戸港で、14日午後3時~15日午後1時までに、メバル20㌢5尾、14~18㌢21尾、カサゴ15㌢2尾、アジ13㌢5尾。先行者がいてポイントに入れず。午前4時から釣り始めてメバルが釣れた。サオ5・3㍍、道糸2・5号、市販サビキ、エサ・オキアミ、コマセ・ジアミ、カゴオモリ10号。水温低下でアジの食いは悪い。メバルは外側に遠投した釣果。(広島・倉橋專)

【香川・直島宮浦港沖のカサゴ】18日、晴れ、中潮、微風。玉野市の日ノ出港から渡船で直島宮浦港沖の一文字波止へ8人で上がる。波止南端で、午後4~9時までに、カサゴ15~22㌢17尾。全員がカサゴ同型を釣った。海面まで高さがある。水深は5~6㍍。海の汚れはない。足元は広くて安全。サオ5・3㍍1号、道糸3号、ハリス1・5号、ハリ・メバル10号2本、エサ青虫、オモリ2号。遊動電気ウキ2号で波止際から1㍍を流した。水温が上がればウキメバルも釣れだす。高松の街明かりと瀬戸大橋がきれいだった。(岡山・妹尾信釣)

【高知・野根漁港岩場のノリグレ】16日、曇り・小雨、北西の風少し。東洋町・野根漁港の岩場で、午後4~5時までに、グレ33㌢1尾。磯ザオ1・5号5㍍、小型スピニングリール、道糸2号、小型ウキ、ハリス1・5号、グレバリ5号、サシエ・ノリの団子、マキエ青色の集魚剤にノリを少し混ぜた。ウキ下2~3ヒロの遊動仕掛け。フカセ釣り。グレはノリを食べに漁港内に入ってきている。釣ったグレは良く肥え脂が乗って子持ちだった。岩場とテトラを20㍍ほど歩くので要注意。(赤旗APC・徳島・阿波の鮎漁師)

 

1


pageup