しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 新潟県村上市、埼玉県草加市、岡山県鏡野町・奥津温泉、山梨県早川町・奈良田温泉、東京都町田市

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

メバルイワシ、タイラバ釣り、ニジマス..紹介


村上1.JPG

<1月 たび/新潟・村上/武士の町に根付いた食文化/人も鮭もまた来たくなる(記事を読む)>


     index_3.jpg 1月の旅から紹介です。新年号は新潟県村上市。塩引鮭の製法や鮭料理など鮭文化を体感。埼玉県草加市松原では、市民が復活させた松の並木道を散歩。「湯うゆう気分」は岡山県鏡野町の奥津温泉。クセがなく湯疲れしない、映画ロケ地の名湯です。「一期一湯」は、山梨県早川町の西山・奈良田温泉。湯のすべすべ度が全国トップ級です。「ツルシのぶらり探訪」は東京都町田市。自由民権拡張の伝統を持ちます。

<1月 たび/新潟・村上/武士の町に根付いた食文化/人も鮭もまた来たくなる(記事を読む)>

<12月 たび/静岡・掛川市/茶で、しゃぶしゃぶ/城内の茶室や花鳥園も(記事を読む)>

 


image
 

 日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で釣行記を紹介しています。「赤旗」つり欄の〝応援団〟が書いてくれます。読者の投稿も大歓迎です。2月は東京湾のメバルイワシ、簡単仕掛けのタイラバ釣り、ニジマスなどを予定しています。「自分の釣りの参考にしている」「読むだけで楽しい」と読者の皆さんに喜ばれています。日曜版では、イラストレーター・森越ハムさんの連載エッセイ「全力ゆる釣り日記」がスタートしました。(最終週掲載)楽しいマンガ付きで大好評です。
 

<1月 つり/ソウハチガレイ/北海道岩内港/居酒屋の定番干物/寒風に耐えて大漁(記事を読む)>

<12月 つり/ヒラマサ/福岡~長崎・玄界灘/豪快プラッギング/ヤズ4キロがヒット(記事を読む

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載しています。


◎たび/新潟・村上/武士の町に根付いた食文化/人も鮭もまた来たくなる

murakami.jpg 母川回帰という言葉をご存じ? サケ・マス類の魚が生まれ育った川から海に降った後、再び生まれた川に産卵に帰ってくる習性のことです。そして江戸時代に鮭のこの習性に着目して、世界で初めて鮭の自然ふ化増殖に成功したのが、今回訪ねた新潟県村上市です。
 舞台は市内を流れる三面川、成功の立役者は村上藩士・青砥武平治です。彼は川の中州に鮭の自然保護増殖のための種川という人工河川(分流)を完成させ、現在に息づく鮭文化の礎を築きました。河畔の鮭公園には彼の銅像も立っています。
 鮭公園入り口には鮭の博物館「イヨボヤ会館」があり、武平治の功績などのほか、種川を遡上する鮭の生態を観察できるコーナーもあります。
 イヨもボヤも魚を意味する言葉で、村上では鮭のことをイヨボヤと呼びます。この地域では「魚といえば鮭」という意味なのです。
 お正月といえば新巻鮭が欠かせませんが、村上では塩引鮭です。「塩引鮭」を作る工程で、内臓を取るために腹を切るのですが、城下町村上では「切腹」を忌み嫌い、「止め腹」という、一部を切らないやり方で行います。寒風にさらし干し上げる際には、「首つり」を連想させることを嫌い、尾を上にします。
 城下町の町屋を公開している「千年鮭きっかわ」で、大量の塩引鮭が天井からつるされた光景に圧倒されました。村上には武士の町ならではの鮭文化が根付いているのです。
 日本海沿いに湧く瀬波温泉の宿を朝食付きにして、夕食は割烹料理店で鮭のフルコース(10月下旬~12月中旬限定)を。
 背わた(血合い)の塩辛「めふん」、塩引鮭を夏まで干してカチカチになったものを薄切りにし、みりん酒をかけて味わう「酒びたし」など伝統の鮭料理がズラリ。オス鮭を内臓ごと筒切りにして濃いみそ汁で煮込み、藁の上で風にさらしたものを、しょうがじょうゆで味わう「川煮」のおいしかったこと!
 翌朝は10月下旬~11月末に行われている伝統の鮭漁法・居繰網漁の見学へ。この日は不漁で鮭が網にかかるシーンには出合えませんでしたが、次の秋にまた来ようと思いました。
 飯塚玲児

【交通】JR羽越線村上駅からバス5分小助島下車、徒歩3分でイヨボヤ会館。そこから徒歩15分で千年鮭きっかわ。瀬波温泉へは村上駅からタクシー10分。車は、日本海東北自動車道村上瀬波温泉ICから10分でイヨボヤ会館
【問い合わせ】イヨボヤ会館℡0254(52)7117。千年鮭きっかわ℡0254(53)2213。観光については、村上市観光協会℡0254(53)2258
(1月1日付)
 


◎たび/静岡・掛川市/茶で、しゃぶしゃぶ/城内の茶室や花鳥園も

map12.jpg 静岡県掛川市はお茶どころとして有名です。特産の深蒸し煎茶は、普通の煎茶よりも蒸し時間が長く、味も色も濃く健康に良いといわれています。粟ケ岳の西にある山峡の静かな倉真温泉では、お茶を使用した「しゃぶしゃぶ」が食べられると聞いて、出かけることにしました。
 掛川駅に着くとお城が見え、7、8分で掛川城に着きました。1994年に本格木造天守閣として復元されています。戦国時代、駿河の守護大名今川氏が家臣の朝比奈氏に命じ築城させたといわれています。秀吉の時代に山内一豊が城主として天守閣をつくりました。掛川城の二の丸御殿は現存する数少ない城郭御殿です。戦国武将の攻防に思いをはせ、お城と御殿を見学。二の丸茶室で庭を観ながらお茶を頂きました。
 掛川城の郭「竹の丸」へ。現在の建物は明治時代に葛布問屋「松屋」の松本家が建築し、大正時代に2階建てに改築されたものです。貴賓室の欄間にはステンドグラスがはめられ、室外にはベランダがあり当時の趣が残っています。
 竹の丸を出ると「掛川市ステンドグラス美術館」がありました。19世紀、イギリス・ヴィクトリア時代のステンドグラスなど約70点余りが展示されています。季節や天候、時間などで光が変化し、表情が変わるそうです。
 掛川駅からタクシーで20分ほど山間に入ると倉真温泉に着きました。倉真温泉の歴史は古く、400年以上前に岩の割れ目から湧き出たといわれます。泉質は単純硫黄泉で肌がつるつるになる美人の湯として有名です。ゆっくりお湯につかった後は、お待ちかねのしゃぶしゃぶ鍋です。しゃぶしゃぶに使う湯がお茶で、それに新鮮な豚肉をくぐらせました。口に入れると、初めにお茶の香り、肉の甘味、かすか掛川城.JPGなお茶の味でさっぱりと食べられました。肉も野菜も地元産。ついでに、地酒(冷酒)もいただきました。
 翌日は、家族連れやカップル、遠足の子どもたちなどでにぎわう掛川花鳥園へ。熱帯性の花や鳥とのふれあいが楽しめるテーマパークです。まるでぬいぐるみのように自然に座っている鳥や面白い顔をしている鳥、ペンギンたちに思わず目を細めてしまいました。
 各エリアではエサをあげることができ、鳥が肩や手にのってきます。迫力満点のタカやフクロウのバードショーもありました。中でも、ヘビクイワシがヘビをける姿は、かわいくもありました。
 岸村真里

【交通】JR東海道線か新幹線で掛川駅下車。車は東名高速道路掛川IC
【問い合わせ】掛川市観光交流課 電話0537(21)1121
(12月20日付)

 


◎つり/ソウハチガレイ/北海道岩内港/居酒屋の定番干物/寒風に耐えて大漁

ソウハチ.JPG 北海道の居酒屋の干物定番メニューと言えばホッケと並んで「焼き宗八」が親しまれています。

まずはホッケ

 このソウハチガレイを釣りに、毎年11月下旬から12月上旬に岩内港に釣行しています。この時期の日本海は北西の季節風で大シケが続きます。天候が回復した12月17日に出かけました。
 ソウハチは夜釣りですが、「岩内港旧フェリー埠頭でホッケが大漁」とのネット情報を見て、早目の午後2時に現地に到着しました。
 地元の釣り人が「15日に港内にホッケの大群が入り、おれは400匹釣った」と豪語します。
 早速、私もホッケのフカセ釣り。2時間で22尾を釣りました。
 この場所でもソウハチは釣れるのですが、「外海で寒風に耐えてこそ大漁」の思いで、東外防波堤250㍍先の泊原子力発電所を正面に見る位置に釣り座を構えました。
 ソウハチは夜間にカタクチイワシを追って回遊し、群れとなり海底から浮いて1~2㍍のタナで捕食します。オキアミ主体のコマセを使って集魚できれば爆釣です。長短2本ずつ、計4本のサオで挑みます。

楽しい重労働

 暗くなった5時ごろからアタリがあり、待望のソウハチが釣れてきました。最初は1尾、次第にダブル、トリプルで掛かります。6時ごろになるとソウハチが群れ、連結した胴突き2本バリ仕掛けに4尾が掛かりました。こうなると、4本のサオを順番に上げ、絡んだ仕掛けを解き、エサを付けて投入―を繰り返すだけの重労働です。でも、うれしい。
map.jpg 8時30分、エサ切れで終了。同時に夜空から濡れ雪が降り始め、ふ頭に戻ると愛車は「雪だるま」になっていました。
 この日、後半の夜釣りの釣果はソウハチ23~40㌢が68尾で自己最高記録、カジカ30と40㌢、ホッケ30~33㌢5尾、カワガレイ27~33㌢5尾、コマイ31~36㌢2尾で念願の爆釣!
 鮮度抜群のソウハチは強烈な臭いがあります。翌日、私が台所でソウハチをさばいている間、妻は2階に上がったきり降りてきません。次の日も「まだ臭いが取れない」と小言。吹雪の日中に家の1階の窓をすべて開けて室内を換気します。
 このソウハチを網かごで寒風にさらすと、絶品のカレイの干物になります。妻に焼いて食べさせると「おいしいね」と言ってくれました。
 北海道・北海魚新
(1月17日付)


◎つり/ヒラマサ/福岡~長崎・玄界灘/豪快プラッギング/ヤズ4キロがヒット

ヤズと私.JPG ヒラマサなどの大型青物を水面上に誘い出して釣るトップウオータープラッギングが玄界灘で始まって10年以上になります。発祥は米国の巨大バス釣り。水面に浮くプラグを大型の魚から逃げ惑う小魚のように動かし、それに襲い掛からせるのです。

65歳の私でも

 11月21日、この釣りを開拓してきた遊漁船に乗り込みました。午前7時、福岡市東浜港より出船。乗り合い7人。全員プラッギングです。
 釣り場を目指して博多湾を出て玄界灘を北上。孤島・小呂島(おろのしま)西岸に着いたのは午前8時30分。そこから船を流しながらプラグを50㍍以上先にキャスト(投げる)し、リールを巻きながらダイブさせ、ヒラマサを誘い出します。水深は20~40㍍。水面を意識しているヒラマサがプラグに水しぶきを上げて襲い掛かる様子は圧巻です。
 30~90㌘のプラグを遠投するのはいかにも体力がいりそうですが、ロッドの性能を活用する理にかなったキャストをすれば、65歳の私でも十分若者についていけるとは言いすぎでしょうか。
 しかし、釣りは厳しい。水面が爆発しないまま時間が過ぎていきます。そこで、壱岐(長崎県)に1時間かけて移動しました。ヒラマサを求めて玄界灘を東から西に走ります。着いたポイントには職漁船がひしめいていました。年末の魚であるサワラの一本釣りです。職漁船から離れて船を流しました。
 そこで、船首の釣り人にサワラがヒット。次はヒラマサだと船中気合が入ります。壱岐東岸で必死に頑張り、船中4㌔級ヒラマサ4尾。4㌔級サワラ2尾の釣果。厳しい状況です。

釣りMAP.jpg全員意気込み

 そこで、最後のポイント玄界島(福岡県)沖に移動。午後4時到着。
 よく見ると水面上をヒラマサが小魚を追って水しぶきを上げています。全員意気込みますが、プラグに襲い掛かるものの、ハリがかりしません。ひたすら投げ続けます。
 幸運にも、私に待ち焦がれたヒット。誰に来てもいいのですが、私でした。上がったのは4㌔級のヤズ(ブリの若魚)でした。同時に船中ジギングで2㌔級ヒラマサがヒットしたところで終了。
 厳しい釣りでしたが、1年ぶりのプラッギングを楽しむことができました。今後、北からサンマの群れが入るとそれを追ってきた大型のヒラマサやブリが狙えます。
 福岡・浦島漁二
(12月13日付)

 

1


pageup