たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 埼玉県杉戸町、香川県小豆島、愛知県瀬戸市、北海道釧路市

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

アマゴ、ヤマベ、ニジマス、フナ、カレイ、ヤリイカ ...紹介

 

釧路3.JPG<涼子のおいしい旅/北海道釧路市/新鮮刺し身 至福の味/ザンタレうま味ジュワッ(記事を読む)>
 


     index_3.jpg 寒さの中にも春を感じる季節になりました。2月の「たび」から紹介です。埼玉県杉戸町では、日光街道を縦断し車で七福神をめぐりました。香川県の小豆島は、「二十四の瞳」ゆかりの地。映画村でセットを見学。愛知県瀬戸市はせとものの本場です。招き猫の絵付け体験をしました。「涼子のおいしい旅」は北海道釧路市。鮮魚店では勝手丼を作る小皿の刺し身がずらり。新鮮な刺し身が至福の味でした。

<2月 涼子のおいしい旅/北海道釧路市/新鮮刺し身 至福の味/ザンタレうま味ジュワッ(記事を読む)>
 

<1月 ツルシのぶらり探訪/京都・美山かやぶきの里/四季の香りに包まれる古民家/絶品の冬景色(記事を読む)>

 


image
 

  赤旗編集局には読者の方から「つりだより」が連日届いています。
「つりだより」は「赤旗」日刊紙の地方版に日と月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。
 全国各地の釣行記や釣り入門記事は、日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で紹介しています。3月は淡水では解禁早々の渓流のアマゴやヤマベ、ニジマス動き出したフナなど。海では沖のカレイ、堤防からのヤリイカなどを予定しています。
 どの記事も「赤旗」つり欄の“応援団”が現場に足を運んで書いたものばかりです。「だから信頼できる」と読者の皆さんに喜ばれています。「つりだより」や釣行記の新しい書き手も大歓迎です。

<2月 つり/アマゴ/岐阜・長良川/ハリ工夫バラシなし/場所かえ計50尾(記事を読む)>

<1月 つり/ヤマベ/茨城山田川/魚影さえ見つければ/厳寒でも入れ食い(記事を読む)>

 

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。更新は週1回です。

釣りだより  ここをクリック3月掲載分から


◎涼子のおいしい旅/北海道釧路市/新鮮刺し身 至福の味/ザンタレうま味ジュワッ

 釧路map.jpg北海道東部の太平洋に面した、釧路市を訪れました。まだ寒いけど、おいしいものがいっぱいです。
 まずは温かいものを食べたい! そこで釧路ラーメンをツルツル。あら? 案外さっぱり味で麺も細めです。
 北海道のラーメンはみそバターなど、こってり風味だと思い込んでいたので意外でしたが、これも美味。魚介だしが効いたしょうゆ味をいただきました。
 一説には「麺が細いのは、せっかちな漁師が早く食べられるから」とか。せっかちかどうかは知りませんが、釧路が全国有数の漁業基地なのは確かです。
 ということで、お次は海の幸! JR釧路駅前にある釧路和商市場に行きました。ずらりと店頭に並んだ新鮮な海産物が、キラキラと輝いています。
 うわ、おいしそう。でも1尾丸ごと買えないなぁ…と思ったら、店の方が「少しずつ買って食べられますよ」と教えてくれました。その名も「勝手丼」。
 ご飯片手に市場内の店で少量ずつ刺し身を買えば、自分好みの海鮮丼ができるのです。それではカニのほぐし身にウニ少々。刺し身に至っては、1枚から買える店もあります。
 「え、ニシンやホッケも刺し身なの?」「新鮮だからナマでもおいしいのよ」と店の方。魚市場ならではの至福の味わいです。
 おなかいっぱいになったので散歩に出発。釧路川の岸辺に向かいました。釧路湿原を流れて海に注ぐ寸前に、幣舞橋がかかっています。この川沿いには、遊歩道やみやげもの店などの入った「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」があります。
勝手丼.JPG 橋を渡って南大通りを行き坂を上ると、「米町公園」。釧路の港が一望です。
 翌日は釧路の味わいボリューム編に挑戦!「釧路スパカツ」と「ザンギ」です。
 寒さの厳しい町だからと、スパゲティがアツアツの鉄板皿で出されます。上にトンカツをのせてミートソースをかけたのが「スパカツ」。おいしい。
 それから、北海道では鶏の空揚げを「ザンギ」といいますが、どうやら釧路発祥といううわさ。中国語の鶏肉の揚げ物「ザーギー」が語源ともいわれますが、歴史はともあれ、これも味わい深いのです。
 それにタレをつけた「ザンタレ」もあります。ガブリとかめば、ジュワッとうま味が広がります。
 うう、欲張り過ぎておなかいっぱい。釧路は食べ過ぎ注意のおいしい町なのです。
   南田涼子
撮影 南田乗太

【交通】JR根室線釧路駅下車。和商市場へは徒歩2分。幣舞橋は徒歩約15分
【問い合わせ】釧路市観光振興室℡0154(31)4549。釧路観光コンベンション協会℡0154(31)1993。釧路和商市場℡0154(22)3226
(2月23日付)


◎ツルシのぶらり探訪/京都・美山かやぶきの里/四季の香りに包まれる古民家/絶品の冬景色

987.jpg JR京都駅から山陰線に乗り、日吉駅から南丹市営バスに乗車。目指すは京都府南丹市美山町です。府道19号を北上するバスは、やがて神楽坂トンネルを抜け美山町に入ります。

究極の住居とも

 800~900㍍級の山々に囲まれた美山町は、かつて福井県若狭地方と京都を結ぶ「鯖街道」の中継ルートでした。若狭湾に注ぐ由良川の源流・美山川が町を東西に流れ、川に沿って昔ながらのかやぶき民家が残っています。北山杉の木立を眺めながらバスに揺られて50分、「美山かやぶきの里」に到着。
 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている、同町北集落の民家は50戸中38戸が北山型入母屋造りのかやぶき屋根です。150~200年前に建てられたこれらの家屋は、20~30年ごとにかやのふき替えをし、住居や民宿に使用されています。
654.jpg 美山民俗資料館は北山型農家住宅の特徴を色濃く残し、母屋に入ると土間にはかまど、板の間に上がるといろりのある台所、下の間の横には農耕用の牛を飼っていたうまや…。わらやかやを収納する屋根裏に上れば、かやぶき家屋の基本構造を知ることができます。断熱・通気・保温・吸音などに優れたかやぶき家屋は、人類が生み出した究極の住居ともいわれています。縁側越しに見える里山風景を眺めながら、そんな言葉の重みをしばし実感しました。

野生動物の料理

 地理的・気候的に本州の東西および太平洋側・日本海側の境界エリアに位置する美山町は、生態系が多様で豊かな自然に恵まれています。17年前に東京から移住した同館女性スタッフによれば「ここに住んで空気に四季折々の香りがあることを知りました。10分歩くと、その道に詳しい人なら70種類の野鳥に出会えるそうです」。「かやぶきの里」が色彩鮮やかに映えるのは家々の庭の草木が開花する4月下旬~5月上旬ですが、豪雪に埋もれた山あいの冬景色も絶品。「日本昔話の絵本の中に迷い込んだような世界です」(前出・女性スタッフ)。
 ジビエ(野生動物の料理)で知られる美山町自然文化村・河鹿荘に1泊しました。地場でとれた野生鹿肉のローストと地元米で仕込んだ濃厚などぶろく「雪しづり」の相性が抜群でした。
 翌日、地産の食材を使った手打ちそばやアイスクリームなどを楽しみながら、美山かやぶき美術館・郷土資料館へ。展示品もさることながら、築150年のかやぶき民家を再活用した同館そのものが、周囲の自然にとけ込んだ見事な芸術作品でありました。
 ツルシカズヒコ

【交通】「美山かやぶきの里」へは、JR京都駅から山陰線の園部駅または日吉駅へ。ここから南丹市営バス・北停留所下車。車は京都縦貫自動車道・園部ICから約45分
【問い合わせ】美山町観光協会℡0771(75)1906。美山民俗資料館℡0771(77)0587。美山町自然文化村・河鹿荘℡0771(77)0014
(1月1日付)


◎つり/アマゴ/岐阜・長良川/ハリ工夫バラシなし/場所かえ計50尾

アマゴ 1.JPG 2月1日の解禁日に、岐阜県の長良川へ行きました。アマゴの放流場所は長良川中央漁協のホームページで、昨年とほぼ同じとのこと。川の状況が分かる美濃市須原の洲原神社の下流を選びました。

川は渇水気味

 午前5時半、新美濃橋たもとのコンビニで日釣り券を購入。6時ころ川原へ降りました。川は渇水気味。せっかちな釣り人が真っ暗な川に電子ウキを浮かべています。少し下流の流れ込みでサオを出していた人の下にポイントを決めました。
 本流なのでサオは長めの7㍍、フライマーカーをウキにします。薄暗くても蛍光イエローのマーカーは良く見えます。ハリにイクラを2粒付けて振り込みます。マーカーがゆっくり消し込まれ1尾目が釣れました。慎重にタモですくうと20㌢のきれいなアマゴ。
 次も正面に投入。すぐにマーカーが見えなくなりました。2尾目からは引き抜きます。ハリが小さいのでバラシが多発。ハリを替える時間がもったいないので続けます。私の前に群れが止まっているようです。
 上流のワンドではあまりサオが立ちません。私を見て、上流から次々に下ってきたころにはアマゴはいなくなりました。
 少し下流に1人います。脈釣り仕掛けに替え、毛糸目印を3カ所付けて、その下流に静かに立ち込みます。右岸ぎりぎりに振り込みます。ハリを大きくしたためバラシがなくなり、しばらく入れ食いが続きました。
 アタリが少なくなればエサをミミズに替えたり、投入点を変えながら誘いも入れました。でも、だんだん渋くなり、11時まで粘って早めの弁当に。この時点で35尾でした。

ピンポイント

 食後、上流の大岩の陰で、1人がコンスタントに釣っています。朝から移動せず「イクラのエサで70尾以上釣った」そうです。お昼を食べるとのことで、場所を譲ってもらいました。
 岩とブッシュの間にアマゴが逃げ込んでいる、ピンポイントの1人しか入れない場所。ポイントにエサが入ると釣れます。ブドウ虫とミミズで攻め、午後2時までに15尾追加。トータル50尾でサオを納めました。
 愛知・エサ取り名人
(2月23日付)


◎つり/ヤマベ/茨城 山田川/魚影さえ見つければ/厳寒でも入れ食い

私の釣果.jpg HAT(楽しいつり仲間)のヤマベ初つり懇親会を茨城県常陸太田市の山田川で1月8日に12人の参加で行いました。
 朝は氷点下3度の厳しい冷え込み。あまり雨が降っておらず、減水で水が澄み切っているという厳しい条件。小河川なので参加者を2組に分け、別々の釣り場地区に入って2時間×2回戦での競技会。
 エサはM社のハエネリをみりんと水あめで練った赤ネリ。自動でエサ付けと魚の取り込みができるニードルマグと水中ビク(自作)を使う、スピード釣法です。魚は生かしたまま放流するため、1試合ごとに仲間で数えあって放流します。

目視で探すも

 釣り場は抽選で最上流の牛込橋地区になりました。冬は魚がどこかに集まって越冬していることが多いもの。水深は深い所でも1㍍なので、目視で探します。
 テトラや蛇籠の中、木のかぶさった分流が狙い目。入川順も抽選で私は6人中5番目。仲間が近くのポイントに入ったので、1㌔下流の東連地橋まで歩きました。魚は見当たりません。
 上流へもどると、蛇籠前のSさんが入れ食い状態。蛇籠の中に潜んでいた越冬ヤマベが、日が上がって水温がやや上昇したのでエサを求めて出てきたようです。
 少し上に入らせてもらい、小さめの寄せエサを1個投入。でも、なかなかアタリが出ません。もう少しSさん寄りに近づいて、エサ打ちを繰り返します。5分ほどして初アタリ。小さいながら元気なヤマベです。終了までは30分弱。同じポイントで42尾釣りました。Sさんは152尾の爆釣。ほかの人は1~29尾。
 2回戦は高柿木橋周辺。やはり魚は見えません。上流の大越の堰下まで歩くと、堰下の分流に小さい魚群を発見。流れもなく、静かです。姿勢を低くして4~6㌢の超小型サイズをポツポツ釣ります。すぐ下に仲間が入ってきた途端、アタリが途切れました。何とか50尾。5人は3~23尾。トップ釣果でした。

昼前後が良し

 ほかの組は前半の芦間堰で6~112尾でしたが、後半の常井橋では全員が型見ずという厳しさでした。
 厳寒期は厳しいヤマベ釣り。魚影を見つければ必ず釣れます。朝早くは口を使わなくても、水温の上がる昼前後にはアタリを出してくれます。日並みを選び、10時ごろから昼すぎに始めるといいでしょう。
 赤旗APC 千葉・佐近津里彦
(1月26日付)


釣りだより 3月掲載分から

【北海道・苫小牧東港のカレイ】16日、晴れ、中潮、北北西の風4㍍、波1・5㍍。厚真町・苫小牧東港の通称フェンス前右側で、午前5~8時までに、クロガシラカレイ35㌢1尾、毛ガニ甲羅幅6㌢1匹。風が強くウネリ状態。ウキ釣りでアメマスを釣っている人がいた。サオ30号4・2㍍2本、中型スピニングリール、糸4号、幹糸6号、ハリス4号、ハリ13号、オモリ号、エサ生イソメ。50㍍投げて3脚にかけてアタリを待つ。(北海道・森釣凡)

【岩手・牛伏川のイワナ】16日、晴れ。宮古市・閉伊川支流の牛伏川で、午前11時~午後1時までに、イワナ18㌢2尾。小さな沢で昨年の台風10号で大きな被災があった。入ってすぐの地点は水はない。上がっていくと水が現れ、釣れるかと思ったらイワナが2尾釣れた。それから釣り上がっても釣れず。水が欲しい。サオ6・3㍍、道糸とハリス0・6号1・2㍍、ハリ・イワナ7号・エサ・ブドウムシ、オモリなし。沢が2本に分かれてどちらも大荒れ状態。右はイワナとヤマメ。左はイワナだけ。左に入った。国道106号の牛伏バス停から車で10分。(岩手・中村)

【東京・中ノ瀬のシロギス】19日、晴れ、小潮、南風、波穏やか。HATの落ちギス研究会に8人参加。横浜市磯子区のN丸から午前8時に14人で乗合出船。航程25分の中ノ瀬の水深20~25㍍で、午後2時までに、シロギス18~24㌢43尾。仲間7人は13~43尾。船中13~43尾。サオ・シロギス胴突きスペシャル1・7㍍、道糸PEライン0・8号、先糸ナイロン3号50㌢、幹糸2・5号、ハリス1号30~40㌢、ハリ・キススペシャル8号2本、オモリ15号、エサ青イソメの頭の部分を落としタラシは4~7㌢。胴突き仕掛けが有利だが天びんへの反応も良くなってきた。(赤旗APC・千葉・佐近津里彦)

【神奈川・横浜沖のLTアジ】199日、晴れ、小潮、南風。横浜沖のベイブリッジ側で、午前8時~午後3時までに、アジ14~23㌢131尾、イシジ20~26㌢10尾。16~20㍍ラインを流した。水色良好。サオ1・8㍍LT、道糸PE1号、ハリス2号、ハリ・ネムリ、エサ青イソメ、コマセ・アミ、オモリ30号。底立ちをとったら1㍍上げてコマセを振り、さらに1㍍上げて待つ。JR根岸駅から送迎あり。(赤旗APC・神奈川・魚太郎)

【静岡・ヒナダンの磯のメジナ】17日、晴れ、中潮、弱い風、ウネリ。伊東市・八幡野のヒナダンの磯で、午前7時~午後5時までに、口太メジナ28~35㌢3尾。ベラ15㌢1尾は放流。足場良く汚れはない。磯ザオ5・7㍍、道糸1・75号、ハリス1・5号、ハリ4号、オモリ2B、エサ・オキアミ、コマセ・オキアミ+集魚剤。ウキフカセ釣り。水温が下がり食い渋った。(東京・東京フィッシャー21)

【岐阜・吉田川のアマゴ】18日、曇り、午後から弱風。郡上市明宝・道の駅下の吉田川で、午前9時~午後2時までに、アマゴ20~23㌢15尾。郡上漁協の追加放流日。型が大きいので放流数は少ない。渓流ザオ6㍍、道糸・ハリス0・3号通し、ハリ・イクラスペシャル6号、エサ・イクラとミミズ、毛糸目印3カ所。渇水で魚は深場に逃げ込み、ピンポイントでしか釣れない。まずまずの釣果。(愛知・エサ取名人)

【京都・浦島礁の沖メバル】18日、晴れ、中塩、波0・5㍍。宮津市の養老港から午前6時に出船。丹後半島沖浦島礁の水深100㍍前後で、午後1時半までに、沖メバル24~36㌢61尾、シロソイ22~35㌢3尾。30㌢前後の良型がそろった。35Lクーラーに入りきらず予備の20Lクーラーも満タン。ハリス3号、エダス40㌢、ハリ8~12本、エサ・ホタルイカ、オモリ80号。沖メバルは追い食いを狙う。活性が高く一度に8、10尾も掛かり釣果が伸びた。「大漁は5回に1回」とは船長の話。(京都・金子佳釣)

【和歌山・煙樹ケ浜海岸のグレ】14日、曇り、大潮、北東の風、水温15度。美浜町の煙樹ケ浜海岸で、午前6~11時までに、グレ36㌢1尾。浜の西側で釣った。砂利浜からのカゴ釣り。海の中は磯が点在している。急深なのでカゴ釣りが可能。磯ザオ3号6・3㍍、道糸ナイロン4号、ハリス2号3㍍、ハリ・グレ5号、ロケット天びん3号、エサ・オキアミ、コマセ・オキアミ1㌔+アミエビ2㌔+麦。阪和道御坊ICから西へ8㌔。無料駐車場あり。(大阪・津田信治)

【兵庫・明神漁港大波止のガシラ】17日、晴れ、中潮、弱風。淡路市・明神漁港大波止のテトラ側で、午後6時半~9時までに、ガシラ12~25㌢6尾。友も同様釣果。海草の隙間をサオ先5~7㍍を1・5~2ヒロで流す。サオ4・5㍍、道糸3号、ハリス1・5号、ハリ・チヌ2号、エサ青虫(友はキビナゴ)、電気ウキ1号。テトラだが降りやすい。ガシラしか釣れない。(兵庫・根津富太郎)

【徳島・大里海岸前磯のチヌ】18日、晴れ時々曇り、中潮、北東の弱風。海陽町・大里海岸前の地磯で、午後2~4時までに、チヌ41と47㌢の2尾。子持ちの乗っ込みチヌ。水温14度と少し上がってきた。磯ザオ5㍍、小型スピニングリール、道糸2号、ハリス1・5号、ハリ・グレ5号、エサ生オキアミ、マキエ・オキアミ+集魚剤、小型遊動ウキ。ウキ下5~7ヒロ。足場は良い。5人ほどがサオを出せる磯。これから期待。(赤旗APC・徳島・阿波の鮎漁師)

 

 

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって