たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 仙台市・秋保大滝、石川県加賀市・山中温泉、高知県中土佐町、東京都渋谷区

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

チヌ、アジ、イサキ、カレイ、イカ、ハヤ、ヘラブナ..紹介

イラスト.jpg

    <ツルシのぶらり探訪/東京・渋谷区/大モスク、ジャーミイ/イスラム文化圏にいるよう(記事を読む)>


     index_3.jpg 7月の旅から紹介です。宮城県仙台市の秋保大滝へ。幻想的な水煙をあげる滝に圧倒されました。「一期一湯」は、石川県加賀市の山中温泉。透明湯にどっぷりつかり、鶴仙渓の渓谷美を楽しみました。高知県中土佐町は土佐の一本釣りの町。わら焼き鰹のタタキが美味。「ツルシのぶらり探訪」は東京都渋谷区。ドームとミナレット(尖塔)が異彩を放つ、東京ジャーミイへ。イスラム文化圏を旅しているようです。
 

<7月 ツルシのぶらり探訪/東京・渋谷区/大モスク、ジャーミイ/イスラム文化圏にいるよう(記事を読む)>

<6月 おーだいらのてくてく散歩旅/大阪市/都会のリバーサイド/水都の美しさ360度堪能(記事を読む)>

 


image
 

赤旗編集局には読者から「つりだより」が連日届いています。
「つりだより」は「赤旗」日刊紙の地方版に日・月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。
 釣行記や釣り入門記事などを日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で紹介しています。9月は堤防からのチヌ、アジ、イサキ、沖のカレイやイカなど、淡水ではハヤやヘラブナどの釣行記を予定しています。
 どの記事も「赤旗」つり欄の“応援団”が現場に足を運んで書いたものばかりです。「だから信頼できる」と読者の皆さんに喜ばれています。釣行記の新しい書き手も大歓迎、募集中です。
 

<8月 つり/カレイ/宮城・仙台湾/自作の仕掛けが奏功/数・型とも絶好調(記事を読む)>

<6月 つり/ヤマメ/福島・木戸川/放射性物質の測定会/里山風景のとりこ(記事を読む)>

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。更新は週1回です。

釣りだより  ここをクリック 8月掲載分から


◎ツルシのぶらり探訪/東京・渋谷区/大モスク、ジャーミイ/イスラム文化圏にいるよう

1434.JPG 自宅から徒歩で20分。近いけれど「遠い」旅をしてみました。東京都渋谷区大山町の井ノ頭通り沿いに立つ、ドームとミナレット(尖塔)が異彩を放つ東京ジャーミイ。日本最大のモスク(イスラム教礼拝堂)です。「ジャーミイ」は大規模なモスクの意味。モスクやイスラム教を平易に解説してくれる見学ツアーに参加してみました。案内人はムスリム(イスラム教徒)歴40年、広報担当の下山茂さん(68)。
 カメラ、コーヒー、チューリップなどイスラム文明から世界に普及したものは多々あれど、最大の功績はアラビア数字です。アラビア数字の起源は0(ゼロ)を発明したインドですが「抽象概念化した数をいち早く実用に供してヨーロッパに伝えたのはアラビア商人です。その知性に注目してほしいです」と下山さん。
 東京ジャーミイの前身は、ロシア革命から逃れ日本に移住したカザン州出身のトルコ人により、1938年に開設された東京回教礼拝堂です。老朽化した同礼拝堂が取り壊され、現在の東京ジャーミイ・トルコ文化センターが竣工したのは2000年。オスマン・トルコ様式建築の粋を結集して建てられた2階のモスクに入ると、その美しさに圧倒されます。大小ドームの天蓋が広い空間を形成し、コーランの文言などが壁面に施された流麗なカリグラフィ(アラビア書道)、窓にはめ込まれたステンドグラスの鮮やかな色彩、緻密で繊細なアラベスク(幾何学文様)。どこかイスラム文化圏の外国を旅しているかのようです。ドーム内に朗々と響くアザーンは礼拝の呼びかけ。三々五々、多国籍の在日ムスリムが集まりメッカの方角に向かい午後の礼拝が始まりました。中2階は髪を覆うヒジャブを着用した女性席です。
 世界宗教人口1位はキリスト教22億、2位イスラム教は16億で世界人口のほぼ4人にひとり、6割はアジア人。しかし、日本人にとってイスラム教はまだまだ遠い存在です。「イスラムには西欧的な近代国家とは異なる確固とした世界観がありますが、テロの宗教ではありません。まずモスクの美しさを肌で感じイスラムを知るきっかけにしてほしいです」と下山さん。
 ちょうどラマダンと呼ばれる断食月だったので、日を改めてイフタール(断食中の日没後の食事会)にも参加。断食には空腹を経験し飢えた人への共感を育む目的があります。男女の席は別々ですが、和気あいあいの食卓を囲んで食すトルコ料理もまた楽しからずや。
 ツルシカズヒコ

【交通】小田急線および東京メトロ千代田線「代々木上原駅」から徒歩5分
【問い合わせ】東京ジャーミイ・トルコ文化センター電話03(5790)0760。見学は、毎日午前10時から午後6時まで自由。毎土日の午後2時30分から解説つき見学ツアー開催。服装・写真撮影のルールあり
(7月27日付)


◎おーだいらのてくてく散歩旅/大阪市/都会のリバーサイド/水都の美しさ360度堪能

大阪MAP.jpg 大阪でちょっとした自由時間ができると、どうもとまどいがちです。買い物やグルメ、道頓堀、新世界以外に思いつかないからです。そんな時にお勧めなのがリバーサイド。今回の旅であらためて実感したのが、大阪は水都ということ。
 これほどの大都会で、ここまで水辺が近いのも国内では珍しいのでは。街の中を道頓堀川、東横堀川、土佐堀川、堂島川など幾筋もの川が流れ、心斎橋、淀屋橋など、実に多くの「橋」のついた駅名があります。
 土佐堀沿いにはデッキを張りだしたカフェやレストランが並びます。レトロなビルや緑豊かな公園が続く遊歩道をそぞろ歩くだけでも楽しいのが北浜エリア。近年、都市再生プロジェクトによって整備されました。
 まずは、淀屋橋駅で下車し、ゆっくり土佐堀川沿いを中之島公園まで散歩しましょう。1918年築の大阪のシンボル、中央公会堂は、誰でも自由に見学できるエリアがあります。保存再生工事もすみ、優美な階段の手すりや、鉄の造作の欄干などすみずみまで壮麗なネオルネサンス様式。私は平日の昼間訪れ、ひんやりとした空気が心地よく、静寂でした。
バラ園.JPG 歌劇やコンサートのほか、戦後は労働団体の集会も開かれ、かつての熱狂を想像しながらの見学も趣深いものです。隣の重要文化財の中之島図書館も必見。明治期に建てられた荘厳な建物を今も、市民が自由に利用できるとはうらやましい。
 しばらく行くと、突如、目前にバラ園が広がりました。約310品種、3700株が咲き乱れます。西欧風の優雅な庭園で、空が抜け、都会の真ん中ということを忘れそうになります。お弁当を広げるOL、テークアウトのコーヒーでくつろぐサラリーマンなど、旅人が地元の人々といいあんばいに、同じ空間に混じり合えるのが魅力。駅直結の複合ビルにいてはわからない、大阪市民の生活の気配を感じます。
 あちこちにベンチや彫刻があり、淀屋橋から続くこの緑道はすこぶる気持ちが良く、キラキラ輝く水面、青い空、ケヤキやツバキの木々、遠くのビル群。文字通り、都会のオアシスです。肥後橋を渡り対岸を折り返します。私は川に面した途中のイタリアンレストランでランチを食しました。
 淀屋橋に戻ったら、今度はひと駅電車に乗って梅田へ。梅田スカイビル最上階の空中庭園をめざします。眼下に幾筋もの川が延び、水都の美しさを360度全方向から堪能できて、圧巻です。地上と、天空から水都を楽しむ。大阪の旅プランにぜひぜひ加えてみては?
 大平一枝

【交通】地下鉄御堂筋線・京阪線「淀屋橋駅」下車。梅田スカイビルは御堂筋線「梅田」下車
【問い合わせ】大阪観光局 電話06(6282)5900
(6月29日付)


◎つり/カレイ/宮城・仙台湾/自作の仕掛けが奏功/数・型とも絶好調

 産卵でやせ細っていたカレイは体力を回復しているだろうと、7月20日に宮城県仙台湾のカレイ釣りに行きました。
つりMAP.jpg 前日の午後9時、山形県鶴岡市の自宅から釣り船が出る名取市の閖上港まで2時間超のドライブです。港には真夜中なのに多くの釣り人がマアナゴ釣りをしていました。車の中で仮眠します。
 午前3時、まだ暗いなか好きな釣り座を確保するため、次々と釣り人が集まります。私は昨夜のうちに左舷大艫を確保しました。同乗者は片側4人ずつの8人。ゆったりと釣りができます。風は南東から少し強く吹いています。三陸沖の低気圧で東の空は曇っています。気温は低く寒いくらいで雨具を着て乗船。5時に出船です。

最初は空振り

 前2日は海が荒れて休船で底荒れが懸念されます。沖に出るとそれほど波は高くなく、作戦は二刀流、3㌢ほどにちぎった青イソメをハリにたっぷり付けて開始。一生懸命に小突きますが、最初の流しで私にアタリはありません。
turi.jpg ほかの釣り人は釣りました。何が違うのかと同乗者の仕掛けを見ます。私は底荒れを懸念したアピール力の強いオモリを使用。これが原因のようです。皆と同じ黄色の夜光オモリに変えると、アタリ始めました。
 仕掛けは市販の物もありますが、釣り人が趣向を凝らし思い思いの仕掛けを作ってきます。私の仕掛けには真ん中のハリに天然パールを付けました。このハリに良型が続きます。カレイも天然パールの魅力には勝てないのでしょう。

良型呼ぶ潮流

 途中から潮の流れが強く複雑になり、船の移動は多くなりました。それにともない良型が数釣れるようになりました。オマツリも多くなり、3回隣とオマツリに。オマツリはお互いさまで、時間のロスは痛いですが丁寧に対応します。右舷でも大騒ぎしています。潮が効いて食いは良いから仕方がありません。
 その後も順調に釣れ、正午に終了。釣果はマガレイ20~38㌢57尾、マコガレイ24~40㌢6尾、ホウボウ26㌢1尾で、二刀流の威力を発揮し数、型ともトップでした。
 仙台湾のカレイ釣りは、産卵後の2、3カ月間食味は落ちますが、一年中釣れます。肉厚になったカレイを仲間たちに配り大喜びされました。
 赤旗APC 山形・齋藤ひとし
(8月3日付)


◎つり/ヤマメ/福島・木戸川/放射性物質の測定会/里山風景のとりこ

つりMAP.jpg 2012年から東電福島第1原発から30㌔圏内に位置する川内村で「川内村放射性物質測定釣行会」が行われています。今年の参加は22人。初心者の私は昨年初めて参加して、川内村の美しい里山風景と釣りの虜となりました。
 5月27日の正午に現地に集合。早速、沢割り。「線量測定に必要な検体を得られればよいので、釣りすぎないように」とリーダーから注意喚起がありました。長く禁漁になっているため各沢の魚影は濃いようです。私は木戸川の上流部に割り当てられました。

釣り師の意地

 車で出発。工場敷地に車を止めます。駐車を快諾してくれた社長は、釣り場も教えてくれて釣り好きのようです。川岸に沿って歩くと、昨年は草が生い茂っていましたが、今年はきれいに刈られています。村の生活が段々と日常を取りもどしているのを感じます。
 私の釣り方はブドウ虫使用のエサ釣り。川に立っDSC_0289.jpgて、いそうなポイントで糸を垂らします。でも、だれにも反応がありません。少し上流へ進み、脇から用水が流れ込んで小さな淵状態のところに仕掛けを投げ込むと、ようやく反応。小型のアブラハヤでした。
 釣ったアブラハヤの脇を大きな魚影が走りました。「よし、あれを釣ってやる」と、仕掛けを投入。すぐに反応があり、またアブラハヤ。ハリを外していると、ヤマメが水面からとび跳ね「お前には捕まえられないよ」というようです。
 「絶対に捕まえてやる」と〝釣り師〟の意地が起こり、再投入して待つと大きな食いつきの感覚。「いまだ」と合わせます。抵抗する動きをいなして、きれいな20㌢のヤマメがきました。釣れると満足感がわいて、この日は終了。

強風続き苦戦

 28日、昨日と同じ場所に車を置き、社長の教えてくれたポイントへ仕掛けを入れてみます。強風で糸がもつれ、釣果は得られません。昨日残した、上流のポイントへ急ぎます。
 落差があり水流がよじれているポイントに橋の上から仕掛けを投入。風は変わらず吹いています。根掛かりに苦戦しながら、何とか1尾のヤマメを釣ることができました。同行した、渓流釣り初めての友人の女性もヤマメが釣れました。
 美しい風景の中、楽しく参加させてもらい、皆様ありがとうございました。
 美酒で交流した報告会で「沢では多くの魚影を確認できた」と報告されました。
 東京・からすのえんどう
(6月15日付)


釣りだより 8月掲載分から

【北海道・石狩新港西港】6日、快晴、北の風微風、大潮。石狩市の石狩新港西港で、午後6時50分~8時までに、黒ソイ22~25㌢4尾。ロッド12㌳、フロートライン3号、ウキ2号ギョギョライト付き、ハリス2号1・5㍍、ハリ・ジグ5㌘。蛍光ワームのウキ引き釣り。テトラから構内へキャスティング。今シーズン3度目の釣行。やっと釣果があった。強烈な引きを楽しんだ。海藻は枯れて夜釣りの本番が始まる。西港へのゲートが8時半に閉まるので早めに切り上げた。(北海道・空連太)

【岩手・閉伊川のアユ】3日、晴れ。宮古市・閉伊川の川井地区で、午後1~5時までに、アユ16~24㌢28尾。20㌢増水。サオ硬調子9㍍、天上糸PE0・6号、水中糸複合0・05号、ハリ早掛け6・5号4本イカリ。同じポイントで掛かり続くことはなかった。歩いて数を出した。平水になれば釣りやすくなる。(岩手・仲居)

【山形・今泉油戸中間のドコ穴釣り】2日、晴れ、若潮、強風。鶴岡市・加茂地区今泉と油戸の中間で、午後4~6時45分までにドコ15、20、25㌢各1尾、シマメグリ赤21㌢1尾、ハタ30㌢1尾、アオコ19㌢1尾、サバ16㌢1尾、ガツナギ27㌢1尾。サオ13と18尺、道糸4号、ハリス2号、ハリ・チヌ2号、エサ・オキアミ、オモリ割中か大。ドコは穴に潜られやっと上げた。ハタは最長記録。小アジがエサを取る。(山形・成沢昇)

【埼玉・神流湖のヤマベ】3日、曇り、弱い風。神川町・神流湖のボート乗り場から80㍍上流で、午後3時半~5時半までに、ヤマベ10㌢前後34尾、ヘラブナ尺級3尾。神流湖は貯水率65%で水位は低い。水は強い濁り。埼玉県側は薄濁りで釣りになった。5時ごろからヤマベ本来のアタリが出た。サオ3・6㍍、道糸0・4号、ハリス0・2号20㌢ハリ・ハエスレ2号、カヤウキ、オモリ・ガン玉8号4個、エサ・ネリエ、寄せエ少々。ヤマベは小さい割に引きが強い。(赤旗APC・埼玉・佐藤勝利)

【千葉・富津沖のキス】12日、雨、中潮。神奈川県の金沢八景から乗り合い出船。富津沖水深7~15㍍で、午前7時半~午後1時半までに、シロギス13~23㌢28尾、マゴチ50㌢1尾。船中6~90尾、キスザオ1・8㍍、小型スピニングリール、道糸PE0・8号、ハリス0・8号、ハリ・キス7号2本、エサ青イソメ、小型天びん、オモリ15号。朝方は大型が好調に釣れた。後半はアタリが少なくなった。マゴチは小型メゴチを泳がせて釣った。キスは今後浅場で数釣れるが型は落ちる。料金8000円、氷・エサ付き。(東京・門脇啓之)

【神奈川・三崎港のイシモチカレイ】4日、晴れ、中潮、無風。三崎市・三崎港の漁港事務所前で、午後2時半~4時までに、メゴチ16・5㌢1尾、フグ1尾。イシモチ、カレイは型見ず。家族連れ多数。地元の釣り人はメジナ狙い。投げザオ3㍍2本、道糸2号、ハリス0・8号、ハリ6号、エサ・サクラエビ、オモリ10~15号。港近くの釣り具店には生きエサはない。地元の釣り人は﹁今日はダメだ﹂といっていた。(赤旗APC・東京・江崎秀雄)

【岐阜・長良川のアユ】14日、曇り、ほぼ無風。郡上市大和町徳永の長良川で、午前7時半~午後4時半までに、アユ13・5~20・5㌢36尾。平水で水はきれい。人が大変多い。アユザオ9㍍、天上糸0・6号、水中糸メタゲーム0・05号、中ハリス0・6号、ハリス1号、ハリ全6・5号3本イカリ、鼻環5・5㍉、目印毛糸4カ所。午前中は活性が低く13尾。午後は釣り人が減って午前中は掛からなかったザラ瀬で良く掛かった。午後に新しいアユが上ってきたようだ。魚影は濃く釣果はオトリしだい。(愛知・エサ取名人)

【福井・足羽川のアユ】1日、晴れ。足羽川の美山中学校裏で、午前8時~午後5時までに、アユ14~21㌢32尾。妻は同型22尾。2㍍の増水から1週間で平水にもどった。新アカが付いた。人が多く場荒れ。それでも瀬肩で待てば良型がハミに出て追った。終日ワンポイントで我慢の釣り。サオ8・5㍍、天上糸ナイロン1号、水中糸複合0・1号、鼻環周り1号、ハリス1・5号フロロ、ハリ7・25号3本イカリ。アユもばらけて最高のコンディション。年券1万2000円、女性半額。オトリ500円。(京都・一原康男)

【滋賀・甲南池のヘラブナ】5日、曇り後晴れ。甲賀市・忍者の里の甲南池で、午前11時~午後5時までに、ヘラブナ28~34㌢61尾。友は同型53尾。満水。水深5㍍でポイントは3㍍。足場は良く整備されている。和ザオ7尺、道糸1号通し、ハリス0・8号ナイロン15と18㌢、ハリ金5号2本、エサ自家製トロダンゴ、クワセ・トロロの切り干とヘラスイミー、オモリ0・8と0・2号の2段。モロコの猛襲で長ハリスではエサが底まで届かない。重いオモリをハリス15㌢上につけて早く底に着けた。(大阪・橋本章)

【京都・鴨川のコイ】5日、曇り。京都市・鴨川の荒神橋上流のふちで、午前5~6時半までに、コイ67と72㌢の2尾、スッポン甲羅長26㌢1匹(初釣果)。水は少ないがきれい。サオ2・1㍍、道糸8号、ハリス6号、ハリ・セイゴ14号とコイ14号、オモリ・コ式内に埋め込み6号、エサ食パン。鴨川には多くの亀やスッポンがいる。(京都・釣法師)

【兵庫・二見沖のタコ】3日、晴れ、中潮、弱風。明石市の二見沖へ友の船で出船。午前6~10時までに3人でタコ150㌘~1・3㌔16杯。サオ頭は7杯。水深7~8㍍。底は小石と砂地。タコツボのロープに注意。サオ2・7㍍、道糸PE2号、タコジグ35㌘2個とタコテンヤ、エサ小アジと手羽。手釣り。釣り場はタコ釣り船でいっぱい。少し釣り荒れ気味。土日曜日は避けたい。(兵庫・加茂勝治)

【島根・諸喰のグレ】3日、晴れ、中潮、東風。美保関町・諸喰の和久王島西側で、午前5~10時までに、グレ28㌢1尾。友はグレ28~30㌢6尾。15~25㌢の小型グレ多数とイシダイ20㌢級放流。タナ3~4ヒロ。30㍍以上投げた友に良型が掛かった。グレが寄ると入れ食いになる。磯ザオ2・25号、道糸4号、ハリス2号2ヒロ、ハリ・グレ6号、エサ・オキアミボイル。諸喰港から渡船で10分、料金2500円。(島根・山陰竿心)

【岡山・西宝伝港のメバル】13日、晴れ、小潮。岡山市東区の西宝伝港で、午後7~10時までに、メバル17と18㌢カサゴ18㌢各1尾。延べザオ5・4㍍、ハリス1・2号、メバルバリ9号2本、ガン玉B1個、エサはシラサエビ。探り釣り。干潮の時だけ上がれるテトラの波止。大きなエイがうろうろしていた。遠くで花火が上がっていた。(岡山・岡田一竿)

【山口・外入(とのにゅう)港波止のアジ】2日、曇り、若潮、弱風。周防大島町の外入港波止で、午後7~11時までに、アジ18~20㌢12尾コダイ18㌢2尾。潮の流れが緩く食いは悪かった。波止は長くポイントには苦労しない。サオ5・4㍍、道糸3号、市販サビキ7号、ハリス1号1㍍、ハリ・チヌ1号、エサ・オキアミ、コマセ・ジアミ、カゴオモリ10号、サビキの下に天びん。(広島・香川隆則)

【福岡・矢部川のアユ】4日、晴れ。八女市・矢部川の北田形集落下流で、午前11時~午後3時までに、アユ22~25㌢7尾。平水。アカ腐れ状態で追いがない。サオ9㍍、水中糸複合0・08号、ハリス1・5号フロロ、ハリ7・5号4本イカリ、7㍉ノーマル鼻環。土用隠れ状態。雨が欲しい。(赤旗APC・福岡・浦島漁二)
 

 

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって