たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 岐阜県郡上市、山形県上山市、岡山県瀬戸内市牛窓、青森県平川市新屋温泉

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

コイ、アユ、ヤマメ・イワナ、アジ、メジナ、キス ...紹介

 

郡上.JPG    <たび/岐阜・郡上市/郡上八幡の水の郷/風流な〝雨の半日旅〟(記事を読む)>


     index_3.jpg 5月の旅から紹介します。岐阜県郡上市の郡上八幡は水の郷。雨の日の小旅行を楽しみました。山形県上山市は、城下町の繁栄支えた名湯があります。懐かしい昭和の風情の下大湯へ。岡山県瀬戸内市牛窓は日本のエーゲ海と呼ばれます。白砂の海水浴場もあります。「湯うゆう気分」は、青森県平川市にある新屋温泉。エメラルドグリーンの湯が珍しい。
 

<5月 たび/岐阜・郡上市/郡上八幡の水の郷/風流な〝雨の半日旅〟(記事を読む)>

<4月 たび/神奈川・横浜市/山手に七つの西洋館/まるで本場、中華街食べ歩き(記事を読む)>
 


image
 

  赤旗編集局には読者から「つりだより」が連日届いています。
「つりだより」は「赤旗」日刊紙の地方版に日・月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。
 全国各地の釣行記や釣り入門記事は、日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で紹介しています。6月は川ではコイ、各地で解禁される清流のアユ、盛期を迎えたヤマメ・イワナ、海では堤防からのアジ、メジナ、キスなどの釣行記を予定しています。
 どの記事も「赤旗」つり欄の“応援団”が現場に足を運んで書いたものばかりです。「だから信頼できる」と読者の皆さんに喜ばれています。「つりだより」や釣行記の新しい書き手も大歓迎です。釣行記事をお寄せ下さい。

<6月 つり/ヤマベ/神奈川・津久井湖/ミニラセン替え効果/婚姻色オス7割(記事を読む)>

<4月 つり/チヌ/島根・諸喰/サラシ場狙いが的中/丸々太った46センチ(記事を読む)>

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。更新は週1回です。

釣りだより  ここをクリック6月掲載分から


◎たび/岐阜・郡上市/郡上八幡の水の郷/風流な〝雨の半日旅〟

郡上MAP.jpg 「明朝、郡上八幡インターの高速バス停で」。名古屋での酒宴の折、この地に嫁いだ後輩の女性編集者に連絡を取ると、翌日の小旅行に誘われました。
 翌日は、あいにくの雨。バス停に現れたご夫婦は、相合い傘で私を迎えてくれました。
 「すみません。仕事の都合で3時間ばかり外します。妻をよろしくお願いします」。彼女と同じ30代後半の夫は、そう言うと、傘を私に手渡し、車で去っていきます。
 吉田川に沿った親水遊歩道を、一つの傘を差しながら歩きます。
 「だいぶ降ってる…」と彼女。6年前に名古屋に嫁いで以来、月に1度はこの「水のまち」への小旅行を楽しんでいるとか。雨でにごる吉田川の流れを残念そうに見つめます。
 「ここは川風が気持ちいいんですよ。川沿いの家並みを見ながら歩くと、時間も時代も忘れちゃうんです」
 はじめに向かったのは宗祇水。連歌の宗匠・飯尾宗祇が歌を残した湧水です。石畳の坂道や大きな蔵屋敷に囲まれ、古い柳の木の下にひっそりと泉が湧き出ているさまは気高い美しさ。知らぬ間に、その根元に鎮座する祠に手を合わせてしまいたくなります。水にしとしとと打ち付ける雨だれの音と、複雑に広がる水紋の美しさに、しばし、無言で浸っていました。
 次に通りかかったのは、新町の角を曲がったところにある「やなかの水のこみち」。玉石が美しい文様を描いて敷き詰められた道の脇には、町を流れる「用水=要水」の美しさを象徴するような水路と柳の並木、江戸時代そのものの屋敷壁。美しさと、江戸時代には色町へと続く道だったという艶やかさが入り混じった空間です。
水の風景.JPG 「雨にぬれるのもいいですね。この道がいつもよりはっきり、だけどしっとりきれいで」。15年ほど前、一緒に仕事をしていたころは〝ド新人〟だった彼女。おとなびた言い方にドキッとします。
 その後しばし、あてどなく郡上八幡の街を歩き回りました。古い大きな商家と、新しいレストランやおしゃれなカフェが混在するのが繁華街・新町。鍛冶屋や大工、おけ屋などが多く住んだ職人町や鍛冶屋町は、間口が狭く奥行きの深い「職人の家」が連なる、江戸時代そのままの趣。どの家も玄関先に、赤い消防バケツがぶら下がり、用水路が目の前を走っています。
 「雨降りだから人も少なくて良かったです」。そう言う彼女と、迎えにきた夫と3人で昼食をとって、街歩きは終了。年の離れた妹のように思っていた女性との「雨の半日旅」は、風流で、思い出深い3時間でした。
 山本竜也

【交通】長良川鉄道郡上八幡駅下車。高速バスは名古屋から約90分
【問い合わせ】郡上八幡観光協会℡0575(67)0002
(5月4日付)


◎たび/神奈川・横浜市/山手に七つの西洋館/まるで本場、中華街食べ歩き

横浜map1.jpg 横浜市は幕末の開港時、山下町を外国人居留地としました。その後、隣接した丘の上に山手居留地を開発しましたが関東大震災(1923年)で壊滅し住宅を復興。戦争中の横浜空襲(1945年)は免れ、現在、山手の3公園に七つの館を保存しています。これらは無料開放され、市民にも愛されています。
 山手イタリア山庭園の一角にあるブラフ18番館は関東大震災後に建てられました。暖炉のあるリビングルームで「これ懐かしいんです」と女性が声をかけてきます。上海に住んでいたころ暖炉があったとか。「ロシア人の設計だったけどよく似ているわ」。今は横浜に住んでいて、たびたび訪れるそう。花の季節には庭がすてきだと話していました。
 西洋館はどこも内装が見事。季節によって装飾が変わり、何度も訪れたくなります。元町公園の3カ所へ。
 玄関の3連アーチが特徴のべーリック・ホール(イギリス人貿易商邸宅)。現存する戦前の個人邸では最大級で、スパニッシュスタイル(スペイン風)の邸内をカメラ教室に通う女性たちが思い思いに撮影していました。
 エリスマン邸(スイス人貿易商邸宅)は昔の厨房が今は喫茶店です。私はランチをいただき、地元高校生が会話を楽しみ、他の観光客たちはワインでくつろいでいました。
中華街.JPG 山手234番館は関東大震災後、外国人向けの共同住宅(アパートメントハウス)として建設。現在、2階はギャラリーになっていて、同好会の絵画展が開かれていました。
 西洋館を後に、中華街へ向かいました。
 中華街には、三国志で有名な商売繁盛の神・関羽を祀った関帝廟と、航海の安全・災害や疫病、戦争などから人々を守る女神を祀った媽祖廟の二つの寺院があります。異国情緒を醸し出しているのは「牌楼」と呼ばれる10基の門。まるで本場中国を歩いているよう。
 肉まんやゴマ団子、くし焼きなどが店頭に並び、食べ歩きも楽しい。点心の食べ放題が何軒かあり、長い行列ができている店もありました。昼食は、点心を少しずつ食べられるレディースコースのある店でいただき、量がちょうどよく美味で、大満足しました。
 食べ物以外にも魅力はいっぱい。マッサージや占い、トリックアート館などが人気を集めています。外国人観光客を意識した日本的な雑貨や小物があるかと思えば、中国を感じる雑貨の店もあって目移りしてしまいます。
 お土産に、中国ししゅうを施したポーチや横浜スイーツなどをたくさん買い込んで、帰途につきました。
 岸村真里

【交通】横浜駅からJR根岸線でJR石川町駅下車。または横浜駅からみなとみらい線で元町・中華街駅下車
【問い合わせ】横浜市文化観光振興課 電話045(671)2596。山手西洋館については電話045(323)9500。横浜中華街については電話045(662)1252
(4月13日付)


◎つり/ヤマベ/神奈川・津久井湖/ミニラセン替え効果/婚姻色オス7割

つりMAP.jpg 水温が20度を超え、ヤマベはいよいよ産卵期(5~8月)に入りました。道志川が流れ込む津久井湖(神奈川県相模原市)の道志大橋下あたりは、婚姻色で美しいヤマベが釣れます。

糸鳴りさせる

 5月24日、道志大橋下の旧橋脚跡に入りました。釣り台をすえ、4・5㍍のサオで開始。水深はサオ先で4㍍以上、カヤウキ流心を使った立ちウキ釣りでタナ1・5㍍。エサはサナギスパゲティ。
 まったくアタリがないまま、1時間経過。9時すぎ、待望の消し込みアタリ。合わせるとキュンキュンと強い引きです。糸鳴りをさせて底へ底へと潜って逃げようとします。「大型ヤマベに違いない」。上がったのは16・5㌢のオスヤマベ。色鮮やかな婚姻色のコスチュームです。とくにピンク色の尻鰭が尾鰭近くで並ぶほど大きく伸びています。産卵直後に川底を鰭でかき回し、受精卵を砂礫に糸鳴りが響く4.5㍍サオ.jpg埋めて隠すために発達したものです。
 昼近くまでに、同型12尾がビクに入りました。それから、アタリが消えました。昼食休憩にし、釣り方を変えることを考えます。
 朝からすでに20㌢ほど水位が低下しています。ウキ下を3・5㍍にして底近くを狙ってみます。ピンポン玉大の寄せエ団子を3個投入し仕掛けを繰り返し入れます。

ニゴイが多い

 突然、ウキが消えました。強い引きでサオ先が何度も水中に引き込まれます。ようやく上がった魚は、30㌢を超えるニゴイ。最後に水面をたたくように尾鰭を振って0・3号のハリスを切ってゆきました。それが3回続きました。彼らも産卵期で遡上しているのです。今年はニゴイがとくに多いと友人も嘆くほどです。
 底釣りは無理のようです。元のタナにして上バリに紅サシ、下ハリにサナギスパゲティと2本立てで再開。午後2時ごろ、ヤマベが回遊してきたようで、釣れ始めました。寄せ効果が大きくなるようにミニラセンも大きなものに替えた効果が出たのでしょうか。
 ヤマベの多くが15㌢以上で、婚姻色のオスは7割です。足元の20㌢ほどの小石の列を5、6㌢の小魚が見えます。小アユのようです。今年も津久井湖で誕生した小アユが遡上してきたようで、うれしくなります。
 粘って午後4時、40尾を超える大型ヤマベを釣りました。写真を撮ってから放流しました。
 神奈川・岡流心
(6月8日付)


◎つり/チヌ/島根・諸喰/サラシ場狙いが的中/丸々太った46センチ

map.jpg 島根半島はリアス式海岸で、良い釣り場がたくさんあります。磯釣りに春を告げる、乗っ込みチヌのシーズンには2月中旬から入ります。今年は大雪が2回あり、水温が上がらず例年より2週間ほど遅れ、ようやく3月1日に、チヌの大漁とグレ46㌢の情報が入りました。
 松江市美保関町諸喰(もろぐい)に3月18日、釣友2人と行きました。諸喰周辺の黒島・竹島・青島・和久王島・諸喰鼻は一級の磯です。そこではマダイ・ヒラマサ・イシダイ・チヌ・グレなどの大物がよく釣れます。

フグが次々と

 午前6時半に諸喰港の渡船に乗船。今の時期は風や波に左右されやすいのですが、今日は風弱く波も1㍍。東側の青島へ向かうことができました。
DSC_0031.jpg 3人それぞれマダイ・チヌ・グレと異なる魚種を狙います。そしてマダイ50㌢1尾はグレ40㌢1尾、チヌ50㌢2尾と判定基準を決めました。私の狙いは40㌢級のグレ。
 7時ごろから始めました。刺しエサはオキアミの生、マキエにはオキアミ生と集魚剤1袋を使います。満潮は5時、干潮10時半の中潮なので、9時ごろまでが大物の出る時合いです。いつものように、マキエにフグが寄ってきてウキをすぐに沈めます。20㌢級のフグが次々と掛かってきます。

重い手ごたえ

 8時ごろ、刺しエサが残るようになりました。「チヌが寄ってきたか」と、サオ1本分の沖を水深3ヒロで、サラシの出ているところを狙います。
 マキエを入れて流してゆくと、ウキがゆっくりと深く消し込まれました。フグのアタリとは違います。ウキが見えなくなる手前で合わせます。掛かりました。ツンツンと久しぶりの重い手ごたえが伝わってきます。
 間違いなく大型のチヌ。過去の53㌢2・3㌔の記録更新を期待しましたが、残念ながら46㌢でした。それでも、丸々と太った立派なチヌです。その後は9時半までに35~40㌢を3尾追加して正午に終了。
 釣果はチヌ35~46㌢4尾。チヌ狙いの友は35~40㌢を4尾、マダイ狙いの友は35㌢のチヌ1尾でした。
 これからが乗っ込みチヌの最盛期。水温の上昇にともないグレ、マダイの大物も釣れる時期になります。
 渡船=諸喰港から千鳥丸℡0852(72)3368、料金3000円。
 島根・山陰竿心
(4月6日付)


釣りだより 6月掲載分から

【北海道・小樽沖のヒラメ】14日、曇り、中潮、南西風1㍍、波1・5㍍。小樽市の勝内(かつない)ふ頭から6人で乗り合い出船。航程20分の沖で、午前4時半~11時半までに、ヒラメ42~45㌢4尾。船中11尾、ブリ3尾。釣れない人は私の釣り方を聞きにきた。ブリに追われてか、小魚のナブラが3回ほど船の近くで見られた。サオ1・95㍍80号、幹糸12号、ハリス8号、ハリ・フカセ16号、エサ・オオナゴM、バケ600㌘。バケに付けたオオナゴの仕掛けを生きた魚に思わせるためひたすらサオをシャクる。(北海道・森釣凡)

【山形・由良白山島のドコ】15日、曇り、中潮。鶴岡市の由良白山島で、午後2~5時20分までに、ドコ15~20㌢10尾、アブラコ15と19㌢各1尾、シマメグリ16~19㌢5尾、タイ子6尾、ヒガンフグ16㌢1尾。ドコはまだ小さい。3時から北側へ。サオ18と12尺、ハリス2号と1・2号、ハリ・チヌ3号、オモリ割中、エサ・オキアミ。(山形・成沢昇)

【栃木・鬼怒川のアユ】17日、晴れ。宇都宮市・鬼怒川の柳田大橋上流右岸100㍍付近で、午後1~3時までに、アユ16と17㌢の2尾。付近の釣り人5人は釣果なし。水量少なくアカ腐れ。左岸でアユが跳ねていた。サオ9㍍、空中糸0・8号、中ハリス0・8号、ハリス1号、水中糸0・2号、ハリ6・5号4本イカリ、逆さバリ4号、目印4個。増水してアカ腐れ、青ノロが流されないと良くならない。(赤旗APC・栃木・関谷精一)

【東京・荒川放水路の手長エビ】18日、曇り、小潮。足立区・日光街道4号線から千代田線高架下の荒川放水路で、午前8時~午後1時半までに、手長エビ44尾で3位。東日本大震災後放射能検査のため6回目のエビ釣り例会。1位は76尾、2位は52尾。サオ2㍍前後、道糸0・4号、ハリス0・2号、ハリ海老バリかタナゴバリ、エサ赤虫。6月いっぱいは釣れるが大型は少なくなる。(東京・亀井静夫)

【山梨・桂川のアユ】10日、晴れ。桂川の強瀬(こわせ)橋下流で、午前9時半~午後3時までに、アユ16~20・5㌢9尾。仲間4人は3~13尾。笹子川と本流との合流、新浅利橋、高月橋を見ながら下った。強瀬橋の下流の空きに入った。10時半ごろから追いだして活気づく。サオ8・1㍍、水中糸ブラック0・1号、目印黄色3個、つまみ糸0・3号、鼻環回り標準式、鼻環5㍉、掛けバリ6・5号4本イカリ。橋の上流で2尾を掛けて昼食。その後も友の間を釣った。(赤旗APC・東京・中沢賢宏)

【神奈川・津久井湖のタモロコ】16日、晴れ、気温27度、水温20度。相模原市緑区・津久井湖の中沢で、午前8~11時までに、タモロコ10~12㌢60尾。型は良かった。水位は低下しマイナス8・5㍍。11時すぎにタモロコは釣れなくなった。午後3時までは小バヤ、ヤマベ、ブルーギル、ヌマチチブばかり。サオ3・9㍍、道糸0・6号、ハリス0・3号、ハリ金袖2・5号、カヤウキ流心2B、エサ紅サシ、ミニラセン、寄せエ、釣り台使用。ウキ下2・2㍍。(神奈川・岡流心)

【愛知・中山製鋼放水口のキス】19日、長潮、晴れ、風弱い。武豊町の中山製鋼放水口で、午前7時~午後1時までに、キス20~19㌢3尾。ギマ25㌢1尾、グレ28㌢1尾、ほかにハゼ、メゴチ。足場はよい。釣り人多い。並継ぎザオ2・4㍍、道糸PE0・8号、ハリス1号、ハリ投げ専用キス8号2本、エサ石ゴカイ。2セット使用。軽く投げてアタリを待つ。キスはピンポイントで釣れた。ギマは神出鬼没。小型ハゼ、メゴチのエサ取りが多い。いつ群れがくるかわからないのでエサは多めに。駐車スペースあり。(愛知・エサ取名人)

【岐阜・吉田川のアユ】16日、晴れ。郡上市・吉田川の小野橋付近で、午前6時~正午までに、アユ12~16㌢7尾。渇水で水深50㌢、ポイントは瀬。足場は良い。石はアカが多くすべる。汚れなし。サオ9㍍、水中糸メタセン0・1号、中ハリス0・8号、ハリ7号3本イカリ。一度大雨が降れば期待。郡上インターから5分。(愛知・名古屋釣吉)

【京都・天神川のコイ】19日、晴れ。京都市・吉祥院運動公園横の桂川で、午後1~2時までに、コイ52と61㌢の2尾。サオ2・1㍍、リール、道糸8号、ハリス6号、ハリ・コイ14号2本、エサ食パン、オモリ・コ式埋め込み5号。水は少なく濁りあり。吸い込みでは釣れない。(京都・釣法師)

【和歌山・日置(ひき)川のアユ】11日、小雨後晴れ。白浜町の日置川で、午前10時半~午後5時までに、アユ13~20㌢14尾。友は13~18㌢4尾。水量少ない。ポイントは平瀬の大岩裏の深場。サオ早瀬9㍍、水中糸0・05号テトロン、ハリス1号、ハリ6号4本イカリ、浅場に多くの小型天然アユがいるがこれは追わない。梅雨が明けるころに期待。(和歌山・樫野通)

【兵庫・引原川のアユ】17日、晴れ。宍粟市・揖保川支流の引原川で、午前7時~午後5時までに、アユ13~19㌢23尾。水量少なめ。ポイントは石の磨かれているところ。サオ9㍍、天上糸フロロ0・8号、水中糸0・15号、ハリス1号、ハリ6~6・5号3本イカリ、泳がせ釣り。場所ムラがある。一雨欲しい。(大阪・寝屋川タロー)

【広島・大向(おおこう)漁港のグレ】17日、晴れ、小潮。呉市倉橋町の大向漁港で、午前5~10時までに、グレ27と28㌢の2尾、ウマヅラハギ34㌢1尾。サオ5㍍、道糸1・8号、ハリス1・2号1㍍、ハリ・グレ6号、ナイロンカゴ天びん、サシエ・オキアミ、マキエ・ジアミと配合エサ。ウキ下2~5㍍。グレは上層まで浮いてこない。9時すぎから向かい風が強まり終了。波止近くに有料駐車場あり。(広島・極楽釣)

【山口・岩国港岸壁のアジ】14~15日、晴れ、中潮、無風。岩国市の岩国港岸壁で、午前11時~15日の午前4時までに、アジ25㌢1尾、アナゴ61~27㌢4尾、メバル21~16㌢10尾、タイ37と24㌢各1尾、タナゴ21㌢1尾。満潮から下げにかけてサオ下を釣った。足場は良い。汚れはない。サオ4・5㍍2本、道糸5号、市販サビキ、ハリス1・5号、ハリ2号、エサ・サンマの切り身とゴカイ、コマセ使用、カゴオモリ。底カゴに枝スを付ける。駐車可。(広島・はた三平)

【香川・千振島の根魚五目】15日、晴れ、中潮、少し強い風。土庄町の千振島で、午前8時半~午後2時までに友と、ベラ15~23㌢80尾、キス25㌢1尾、赤チン18㌢2尾、アイナメ幼魚2尾、フグ13~16㌢13尾。汚れはないがまだ藻があり釣りづらい。サオ・チヌ探り3・9㍍、道糸2・5号、ハリス1・5号、ハリ流線9号、オモリ中通し2~3号、エサ・アオムシ。船からのチョイ投げの釣り。雨や風がなければ数釣りが可能。(岡山・講釈師)

【長崎・郷ノ浦港沖波止のイサキ】17,18日、曇り晴れ、小潮、北西風。壱岐市・郷ノ浦港の西波止東端で、17日午後1時~18日午前11時までに友人と、イサキ35㌢4尾、クロ25~26㌢3尾(20~23㌢多数リリース)、アジ25㌢前後20尾、小ダイ23㌢2尾、バリ35㌢1尾。サオ5・3㍍、道糸2~3号、ハリス1・5~1・7号、ハリ・マダイ9号、エサ・ボイルオキアミ、コマセ・オキアミ生、集魚剤+麦+パン粉。イサキはタナ2~2・5ヒロで沖の潮目を流す。クロはタナ3ヒロ。波止渡し3500円。(赤旗APC・福岡・千鳥釣平)
 

 

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって