しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月19日(日)

原発汚染水

トリチウム放出 許すな

福島県漁連会長と岩渕議員懇談

写真

(写真)県漁連の野崎会長(左端)と懇談する(右から)岩渕参院議員、野口書記長ら=17日、福島県いわき市

 東日本大震災・原発事故による放射性物質のうちトリチウム(三重水素)汚染水の海洋放出問題で、日本共産党の岩渕友参院議員は17日、福島県いわき市で県漁連の野崎哲会長と懇談しました。野崎会長は、県漁連としてトリチウムの海洋放出には反対だと表明しました。

 トリチウム汚染水問題の公聴会が今月末、東京と県内2カ所の計3カ所で開かれる予定です。

 野崎会長は、公聴会でも反対の立場で発言する予定だとしています。試験操業を7年間積み上げてきたものの、漁獲量はまだ大震災前の2割しか回復せず、消費者の15%が福島の魚を「固定的に拒否」していて、「漁業経営が厳しい上に海洋放出となれば、壊滅的打撃となりかねない」と話しました。

 同氏はまた「(基準値以上の)トリチウム汚染水はすべてタンクで保管するのが一番いい」と強調。「海洋放出は“取り除く、近づけない、漏らさない”という3方針からいっても大きく逸脱しかねない」と述べました。

 トリチウム海洋放出問題のほか、漁業賠償の現状や要望なども話し合いました。

 岩渕議員は「海洋放出は許されない。力を合わせて頑張りたい」と激励しました。

 野口てつろう党県書記長(参院福島選挙区予定候補)、党県議・候補らも同席しました。


pageup