しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月17日(金)

「戦争する国」許さぬ

東京 治維法国賠同盟が宣伝

山添議員ら参加

写真

(写真)治安維持法国賠同盟の終戦記念日宣伝で訴える山添議員(右から2人目)=15日、東京・池袋駅

 治安維持法国賠同盟は15日、東京・池袋駅西口で、終戦記念日宣伝を行い、独自ビラ「核のない世界平和の社会を前へ」を配布しました。

 治安維持法国賠同盟は毎年、終戦記念日の8月15日に全国一斉宣伝を行っています。

 宣伝には、同中央本部の増本一彦会長、同都本部の吉田万三会長、日本共産党の小林ひろみ豊島区議、島田拓練馬区議らをはじめ、同盟員ら21人が参加しました。

 吉田氏は、戦争を反省し、再び戦争を起こさないとの決意が憲法に明記されたと強調。「安倍政権が『戦争する国』への暴走する今、今日を戦争と平和について考える日にしよう」と呼びかけました。

 宣伝には、山添拓参院議員も参加。山添氏は、安倍政権の「戦争する国」を許さず、来年の統一地方選、参院選を、市民と野党の共同で勝利し、立憲主義に基づく政府を実現するために全力を挙げると訴えました。

 増本会長は、「終戦記念日は、戦争が終わっただけでなく、侵略戦争を悔い改め、再び戦争をしないと決意した日です」と訴えました。

 通行人が、「私の親戚も戦争で亡くなりました、戦争は絶対ダメ」と話し、3000万人署名に応じました。


pageup