しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月16日(木)

終戦の日 共産党 各地で宣伝

戦争ない世界必ず

青森 高橋氏 さいとう氏

写真

(写真)平和への決意を訴える高橋氏(左から2人目)、さいとう予定候補(左端)ら=15日、青森市

 日本共産党青森県委員会は、終戦記念日恒例の街頭演説を青森市で行いました。

 聴衆を前に、高橋千鶴子衆院議員、さいとうみお参院青森選挙区予定候補、吉俣洋県議予定候補、藤原浩平青森市議団長らが訴えました。

 「どんな理屈をつけようとも戦争に正義や正当性は絶対にない」と語り始めた高橋氏。アジア・太平洋戦争の反省もせず「新しい戦争の準備をするなどあってはならない」と述べ、「戦争する国」づくりを狙う安倍政権を批判。「“9条改悪は許さない”と3000万人署名を広げ、一緒に平和の声を上げましょう」と呼びかけました。

 さいとう氏は、広島・長崎に原爆が投下された日と終戦記念日にサイレンを鳴らして黙とうし、戦争の悲惨さと平和と向き合うことを大事にする町で育ったと自己紹介。「核兵器禁止条約、南北首脳会談、米朝首脳会談を目の当たりにした。戦争のない世界は必ずつくれる」と確信を語り、対話を通じた外交的・平和的な解決の道を進みだした世界の努力に背を向ける安倍政権を非難しました。

 市内に住む60代女性は「こんなにひどい政治になるとは。憲法を守るために共産党が伸びて政治を変えてほしい」と語りました。


pageup