しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月3日(火)

日本共産党衆院比例予定候補(第3次)を発表

小池書記局長が会見

 日本共産党は2日、次期総選挙に向けた衆院比例代表予定候補の第3次分として、東北ブロックの、ふなやま由美氏、東京ブロックの谷川智行氏、近畿ブロックの小村潤氏の3氏を新たに追加しました。小池晃書記局長が同日、国会内での記者会見で明らかにしました。

 発表ずみの第1、2次分(現職12人、前職8人、新人1人)と合わせると、日本共産党の衆院比例代表予定候補は計24人になります。女性候補は9人(38%)で、全体の平均年齢は54歳になります。

 小池氏は「さらに女性候補を擁立し、女性候補の比率を高めたい」と述べました。


写真

 東北(定数13)

  ふなやま由美 51新

  元仙台市議(4期)、党宮城県常任委員


写真

 東京(定数17)

  谷川智行 48新

  医師、党東京都副委員長


写真

 近畿(定数28)

  小村潤 44新

  尼崎市議(1期)、兵庫8区重複予定候補


pageup