しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月27日(木)

台風 農業被害額7.8億円

武田参院議員が長野県と懇談

写真

(写真)県農政部と懇談する武田参院議員(奥の机右から3人目)、ながせ氏(右隣)と共産党県議ら=26日、長野市

 日本共産党の武田りょうすけ参議院議員、ながせ由希子参院長野選挙区予定候補と共産党県議団は26日、長野県庁で県内における台風21号や夏の高温障害等による農業被害について県農政部と懇談しました。武田議員らは懇談にさきがけ10日に現地調査を行い、県の対応と国への要望等を聞きました。

 農業政策課長は、台風21号による農業被害額は7億8000万余円で、県はこの日始まった9月県議会に補正予算870万円余を組んでいると報告。果樹の落下被害について国の支援制度はなく、県は市町村の行う種苗や農薬、農業施設復旧資材等への支援を行うと説明しました。また10月からは災害等による収入減を穴埋めする収入保険制度が始まると説明しましたが、加入できるのは青色申告する農業者に限られるという課題もあります。

 また農業技術課長はセルリーの高温障害や「芯腐れ」、原因不明の「芯なし」に対し、今年から農業試験場で原因究明が始まっていると説明。またセルリーは生産量が比較的少なく、ダニ等に使える農薬も少なく、申請や働きかけはしているが、高額な研究費用がかかり採算性の問題から開発はメーカー頼みであると話しました。

 武田議員は「セルリーは最盛期には90%のシェアを誇る重要野菜であり対応は急務。国の姿勢次第で農家を応援できる。もっと支援できるよう国に働きかけたい」と話しました。懇談にはもうり栄子県議候補も同席しました。


pageup