しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月24日(金)

NEC3000人リストラに批判次々

「経営者に責任」が9割

電機・情報ユニオンなど アンケート

図

 電機大手NECが3000人規模のリストラをすすめているもとで、NEC関連労働者懇談会(NEC懇)と電機・情報ユニオンが取り組んでいるアンケートには、60通の回答が寄せられています。リストラは「経営者に責任がある」が93%に達するなど、厳しい批判の声が上がっています。

 アンケートは、7月上旬からNECの各事業場前で約5000枚を配布し、返送されたものです。

 回答の集計では、「今回のリストラはよくない」が74%となり、「リストラでNECは悪くなる」が60%、「リストラに不安を感じる」が74%に達しています。

 自由意見欄には痛烈な批判が書かれています。

写真

(写真)リストラアンケートやビラを配布する電機・情報ユニオンの組合員ら=20日、川崎市

 「経営者が自分たちの責任を取らず、従業員に責任を強要している気がする。リストラすることで問題が解決するわけない」

 「2012年(のリストラ時)に、二度と繰り返さないと言ったのをもう忘れたか?」

 「リストラするごとに、優秀な若者から退社しています。会社がいい方向に向かうはずがありません」

 NECでは、今月20日から退職を強要する3回目の「面談」が実施されています。

 NEC懇と電機・情報ユニオンは、引き続き門前宣伝やアンケート、リストラ相談の実施、団体交渉などをすすめるとしています。


pageup