しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月14日(火)

翁長知事の告別式に4500人

平和願う沖縄の心貫いた

写真

(写真)翁長雄志沖縄県知事の告別式で親族代表あいさつをする長男の翁長雄一郎氏=13日午後2時50分、沖縄県那覇市・大典寺(代表撮影)

 8日に膵(すい)がんで亡くなった翁長雄志・沖縄県知事の葬儀と告別式が13日、那覇市の大典寺で行われ、政界関係者や県民ら約4500人が参列しました。喪主は妻の樹子(みきこ)さん。遺族を代表して長男の翁長雄一郎さんが謝辞を述べました。

 雄一郎さんは、家族思いで“孫煩悩”、お酒や野球、相撲、庭いじりが好きだった“父・翁長雄志”の姿を紹介。“政治家・翁長雄志”については「沖縄への愛を力に変えて人生をささげてきました。それと同じくらい日本を愛していました。その信念は病に倒れ、死を覚悟した時でも変わらなかった」と語りました。

 「父が信念と覚悟を貫いて政治に生きることができたのは、共にたたかった皆様、競い合い切磋琢磨(せっさたくま)した皆様、何より父を信じ支えてくれた皆様のお力添えがあったからです」と感謝を述べました。

 党派を超えて多くの参列者がありました。稲嶺恵一元県知事が弔辞を読み上げました。稲嶺氏は「あなた(翁長知事)が命をかけて取り組んだ行動は、日本国全体に大きなインパクトを与えたと確信しています。あなたが大事にしてきた平和を希求する沖縄の心は、次の世代にもしっかり受け継がれていくことでしょう」と述べました。

 日本共産党から山下芳生副委員長・参院議員や赤嶺政賢衆院議員らが参列しました。

 葬儀・告別式に先立って、翁長知事の位牌(いはい)と遺影、遺骨を乗せた親族の車両が県庁と、那覇市長として執務した市役所の前を通りました。

 県庁の正面玄関では副知事や県議、大勢の県職員や県民が、車から降りた親族を出迎えて黙とうしました。車両が県庁を去るとき、県民の間から「翁長さんありがとう」の声が上がりました。


pageup