しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月2日(木)

辛淑玉さん DHCテレビ提訴

「ニュース女子」で名誉毀損

司会の長谷川氏も

 沖縄の基地建設反対運動をとりあげた東京MXテレビの番組「ニュース女子」で名誉を毀損(きそん)されたとして、人権団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シン・スゴ)さんが7月31日、制作会社DHCテレビジョンと司会を務めていた長谷川幸洋氏(当時・東京新聞論説副主幹)に計1100万円の慰謝料などを求めて東京地裁に提訴しました。

 いまもインターネット放送などが続いているため、番組の差し止めと削除、謝罪広告の掲載も求めました。

 訴状などによると、昨年1月2日と9日に東京MXで、3月13日にDHCテレビがネット配信した「ニュース女子」の内容は、辛さんを「犯罪行為もいとわぬ過激な集団の活動をあおり、経済的に支援する人」とし、社会的評価を低下させたと指摘。長谷川氏については、「番組に批判が集まっても、反省せず、正当化した司会者としての役割は重い」として被告に含めました。

 辛さんは会見で、「笑いながら、事実にもとづかないことで、私と、沖縄でその人生をかけて『戦争が嫌だ』と声を上げている人たちを侮辱しました。デマは社会を壊します。侮辱された沖縄の人たちの、その思いをバトンとして託されて、この裁判に臨みたい」と話しました。


pageup