このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

検証 日米地位協定 主権を取り戻すために

条文、日米合意、密約から  全容を明らかに

 

 ヘリが落ちようが、犯罪を起こそうが、米軍の都合が最優先─。なぜそんなことが、日本でまかり通るのか。日米地位協定の条文、日米の合意と密約から、その全容を明らかにし、国民主権の立場から日本の安全保障のあり方を考えます。

 米国言いなりをやめ、対等な日米関係をつくるために、安保条約廃棄を綱領で掲げる日本共産党の値打ちが伝わるブックレットです。

 

目 次

1 世界に例のない米軍特権(総論)

2 米同盟国でも例のない全土基地方式(第2条 基地の提供)

  □在日米軍基地 資産価値11兆円

3 国内法除外の排他的管理権(第3条 基地管理権)

  □沖縄米軍ヘリ窓落下後 普天間第二小で児童706回避難

4 基地返還 米軍に汚染除去義務なし(第4条 基地返還)

5 空港・港湾・道路利用が無料(第5条 空港・港湾の利用)

  □民間空港・港湾の利用常態化

6 民間機安全運航の妨げに(第6条 航空管制)

7 米軍はパスポート不要(第9条 出入国)

8 米軍関係者の車 免停なし 自動車税も格安(第1013条 税金免除など)

9 あいまいな「軍属」の範囲(第114条 軍属、特殊契約者)

10 米兵犯罪 裁けぬ日本(第17条 刑事裁判権[上])

11 日本の承認なく私有地封鎖(第17条 刑事裁判権[下])

12 賠償金支払い 拒む米軍(第18条 民事請求権)

13 在日米軍関係経費 初の8000億円台(第24条 駐留経費)

14 密約製造機 日米合同委員会(第25条 日米合同委員会)

[資料] 全国知事会の提言(全文)

 

A580ページ
定価
650円(税込)

 

 

A5判 80ページ
定価:650円(税込)
送料:120円 ※4月1日から、定価合計1,000円未満の振込手数料は、お客様負担とさせていただきます。

お願い2014年4月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。