このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

いま振りかえる 朝鮮植民地支配 歴史と実態

悪化する日韓関係
─理解深め改善に向かうために

いま振りかえる 朝鮮植民地支配
歴史と実態

赤旗編集局

〈同時収録〉韓国・建国大学での志位和夫日本共産党委員長の講演


 「徴用工」判決、対韓貿易規制の拡大、「反省」を投げ捨てる安倍政権、メディアにあふれる韓国バッシング――。「しんぶん赤旗」のシリーズがパンフレットになりました。

 「なぜ韓国の人が戦前日本で強制的に働かされていたのか、なぜ韓国への賠償が問題になり、どういう協定が結ばれたのか、そもそも『韓国併合』(1910年)以来、朝鮮で何が行われていたのか。あまりにも基礎的なことを知らないまま、日韓関係を論じていないだろうか。そんな思いから、政治部、外信部の記者を中心にこのシリーズを始めました」(「はじめに」より)。

 志位委員長が韓国・建国大学で行った講演(2015年)を同時収録。日韓関係への理解を深め、改善に向かうための一助となるパンフレットです。
 

─ 目 次 ─

いま振りかえる 朝鮮植民地支配 歴史と実態 赤旗編集局

は じ め に

[1]脅迫と強圧で実現した「韓国併合」

[2]抑圧36年、日本は朝鮮で何をしたか

[3]戦後、日本政府がとった態度は

[4]世界の流れは被害者の人権救済

[番外編1]「植民地支配への反省」投げ捨てた安倍政権

[番外編2]日本メディアはどう伝えてきたか

〈同時収録〉

戦後70年 北東アジアの平和─歴史をふまえ未来を展望する

建国大学での志位和夫委員長の講演(2015年10月)

A5判64ページ
定価380円(本体345円+税)
送料100円

お願い2019年10月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。