このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

全批判 自民党改憲案

自民党の憲法改定の企ての危険な内容を全面的に明らかにする

[付]自由民主党「日本国憲法改正草案」

安倍内閣のもとで、憲法を改定する現実の危険が迫っています。

安倍首相が宿願とする憲法9条改定で何が起きるのか。さらに、全条項にわたる改憲案では何がねらわれているのか。国民主権の原理は?恒久平和の理念は?基本的人権は?議会制民主主義は?地方自治は?その全体像を条項に即して明らかにし、批判する。

「しんぶん赤旗」で「解剖自民党改憲案」として連載され、注目を集めた内容に、一部加筆して刊行。

 

〈目次〉

  1. 天皇中心の国家へ 憲法が憲法でなくなる
  2. 前文から「破棄」したもの 不戦と平和的生存権
  3. 9条2項削除 武力行使の歯止め消す
  4. 「国防軍」の活動 平和の秩序に挑戦
  5. 緊急事態法制 「人権」停止、服従義務も
  6. 人権の大幅制約 「公の秩序」優先に転換
  7. 基本的人権各論 結社・労働権に制限
  8. 「家族」条項の新設 古い価値観の復活
  9. 統治機構 首相権限強化図る
  10. 地方自治 役割狭め「道州制」狙う
  11. 改憲手続き緩和 権力への縛りを解くもの
  12. 歴史の逆流 日本国憲法の根本を否定

【資料】自由民主党「日本国憲法改正草案」

 

A5判パンフレット56ページ
定価:本体190円+税
送料:100円

お願い2019年10月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。