ページトップに戻ります~
外交~中国の覇権主義をどうする?

東シナ海、南シナ海でエスカレートする中国の覇権主義は許せません。
しかし、軍事同盟で対抗する米国のやり方では、軍拡競争の悪循環となるだけです。巨大な軍事力をもつ米中が衝突すれば、どの国も甚大な被害をうけます。戦争は絶対に避けなければなりません。

日本共産党は、中国にも米国にも〝覇権主義は許さない〟〝国連憲章と国際法を守れ〟と迫る外交こそ必要だと考えています。

東南アジア諸国連合(ASEAN)に実例があります。
紛争の平和的解決を義務づけた東南アジア友好協力条約にもとづき、中国も包み込む形で平和秩序をつくるアプローチに努力しています。憲法9条をもつ日本こそ、こうした外交的イニシアチブを発揮すべきです。

北東アジア平和協力構想

共産党は、ASEANのような平和の地域協力の枠組を北東アジアにつくろうと提案。これが、覇権主義の逆流とまっこうからたたかう共産党の外交戦略です。

核兵器の廃絶、
植民地支配の反省へ巨大な前進が始まった

テロも紛争もなくならない世界。しかし、諦める必要はありません。20世紀におこった〝植民地体制の崩壊〟という構造変化が、21世紀に世界を進歩させる生きた力を発揮している(共産党綱領)──私たちは、この立場で世界の本流を促進するために力をつくしています。

核兵器禁止条約人類史上はじめて核兵器を違法化

今年1月に発効した核兵器禁止条約。核保有大国の強硬な反対を抑えての成立は、世界政治の主役交代の証しです。植民地から独立し、主権国家となった多数の国ぐにが世界政治の舵取りをするようになったのです。オーストリアの国連軍縮大使は「ある種の革命」と語ります。
「米国が主役」という古い色メガネでしか世界を見ることができず、核兵器禁止条約に背をむけ続ける自民党・公明党政権。政権交代で、条約に署名・批准する政府をつくりましょう。

核兵器禁止条約の参加国

署名国・批准国一覧
(2021年7月12日現在 署名:86か国・地域、批准:55か国・地域)

国・地域名 署名日 批准日
アルジェリア民主人民共和国 2017年9月20日
アンゴラ共和国 2018年9月27日
アンティグア・バーブーダ 2018年9月26日 2019年11月25日
オーストリア共和国 2017年9月20日 2018年5月8日
バングラデシュ人民共和国 2017年9月20日 2019年9月26日
ベリーズ 2020年2月6日 2020年5月19日
ベナン共和国 2018年9月26日 2020年12月11日
ボリビア多民族国 2018年4月16日 2019年8月6日
ボツワナ共和国 2019年9月26日 2020年7月16日
ブラジル連邦共和国 2017年9月20日
ブルネイ・ダルサラーム国 2018年9月26日
カーボベルデ共和国 2017年9月20日
カンボジア王国 2019年1月9日 2021年1月22日
中央アフリカ共和国 2017年9月20日
チリ共和国 2017年9月20日
コロンビア共和国 2018年8月3日
コモロ連合 2017年9月20日 2021年2月19日
コンゴ共和国 2017年9月20日
クック諸島(加入) 2018年9月4日
コスタリカ共和国 2017年9月20日 2018年7月5日
コートジボワール共和国 2017年9月20日
キューバ共和国 2017年9月20日 2018年1月30日
コンゴ民主共和国 2017年9月20日
ドミニカ国 2019年9月26日 2019年10月18日
ドミニカ共和国 2018年6月7日
エクアドル共和国 2017年9月20日 2019年9月25日
エルサルバドル共和国 2017年9月20日 2019年1月30日
フィジー共和国 2017年9月20日 2020年7月7日
ガンビア共和国 2017年9月20日 2018年9月26日
ガーナ共和国 2017年9月20日
グレナダ 2019年9月26日
グアテマラ共和国 2017年9月20日
ギニアビサウ共和国 2018年9月26日
ガイアナ共和国 2017年9月20日 2017年9月20日
バチカン 2017年9月20日 2017年9月20日
ギニアビサウ共和国 2017年9月20日
ホンジュラス共和国 2017年9月20日 2020年10月24日
インドネシア共和国 2017年9月20日
アイルランド 2017年9月20日 2020年8月6日
ジャマイカ 2017年12月8日 2020年10月23日
カザフスタン共和国 2018年3月2日 2019年8月29日
キリバス共和国 2017年9月20日 2019年9月26日
ラオス人民民主共和国 2017年9月21日 2019年9月26日
レソト王国 2019年9月26日 2020年6月6日
リビア 2017年9月20日
リヒテンシュタイン公国 2017年9月20日
マダガスカル共和国 2017年9月20日
マラウイ共和国 2017年9月20日
マレーシア 2017年9月20日 2020年9月30日
モルディブ共和国 2019年9月26日 2019年9月26日
マルタ共和国 2020年8月25日 2020年9月21日
メキシコ合衆国 2017年9月20日 2018年1月16日
モザンビーク共和国 2020年8月18日
ミャンマー連邦共和国 2018年9月26日
ナミビア共和国 2017年12月8日 2020年3月20日
ナウル共和国 2019年11月22日 2020年10月23日
ネパール連邦民主共和国 2017年9月20日
ニュージーランド 2017年9月20日 2018年7月31日
ニカラグア共和国 2017年9月22日 2018年7月19日
ニジェール共和国 2020年12月9日
ナイジェリア連邦共和国 2017年9月20日 2020年8月6日
パラオ共和国 2017年9月20日 2018年5月3日
パナマ共和国 2017年9月20日 2019年4月11日
パラグアイ共和国 2017年9月20日 2020年1月23日
ペルー共和国 2017年9月20日
フィリピン共和国 2017年9月20日 2021年2月18日
セントクリストファー・ネイビス 2019年9月26日 2020年8月9日
セントルシア 2018年9月27日 2019年1月23日
セントビンセント及びグレナディーン諸島 2017年12月8日 2019年7月31日
サモア独立国 2017年9月20日 2018年9月26日
サンマリノ共和国 2017年9月20日 2018年9月26日
サントメ・プリンシペ民主共和国 2017年9月20日
セーシェル共和国 2018年9月26日 2021年7月9日
南アフリカ共和国 2017年9月20日 2019年2月25日
パレスチナ 2017年9月20日 2018年3月22日
スーダン共和国 2020年7月22日
タイ王国 2017年9月20日 2017年9月20日
東ティモール民主共和国 2018年9月26日
トーゴ共和国 2017年9月20日
トリニダード・トバゴ共和国 2019年9月26日 2019年9月26日
ツバル 2017年9月20日 2020年10月12日
タンザニア連合共和国 2019年9月26日
ウルグアイ東方共和国 2017年9月20日 2018年7月25日
バヌアツ共和国 2017年9月20日 2018年9月26日
ベネズエラ・ボリバル共和国 2017年9月20日 2018年3月27日
ベトナム社会主義共和国 2017年9月22日 2018年5月17日
ザンビア共和国 2019年9月26日
ジンバブエ共和国 2020年12月4日

出典:http://disarmament.un.org/treaties/t/tpnw

閉じる

植民地主義かつての宗主国が過去の過ちを反省

いかなる時代のものであっても奴隷制度と植民地支配は許されない──いま世界では、過去の過ちを反省し、謝罪する動きが広がっています。いまだに首相が植民地支配を美化し、日本軍「慰安婦」を頑なに認めようとしない日本は、世界から取り残されています。
歴史的な不正義とむきあい、それを認めてこそ、未来にむけて友好関係がつくれる──戦前から99年、命がけで侵略戦争と植民地支配に反対をつらぬいた党として、そのために力をつくします。

ドイツ

植民地としていたナミビアでの大量虐殺を公式に謝罪、11億ユーロの拠出を表明した。
「過去に終止符を打つことはできない。しかし、罪を認め、そして許しを請うことは、ともに未来を切りひらいていくための重要な一歩である」(マース外相)

閉じる

メキシコ

大統領が、19世紀、マヤ族「絶滅」を目的とした残虐行為を謝罪した。植民地支配の3世紀と、独立したメキシコの2世紀の間に、スペインとメキシコの個人と政府が犯した残虐な虐待について、マヤの人びとに心から謝罪する。

閉じる

オランダ

アムステルダム市長が、奴隷貿易に対して謝罪することを発表した。オランダ商人によりアフリカから連れ去られ、名前、歴史、アイデンティティーを奪われた。…17世紀世界でもっとも裕福だったオランダは、奴隷の貿易と搾取で富を築いた。

閉じる

国連

「今日の構造的な人種差別や人種的暴力の背景には、奴隷制、奴隷化されたアフリカ人の大西洋貿易、植民地主義に従事したり、…この遺産から利益を得続けている人びとの責任が公式に認められていないことがある。…過去に対処するための措置は、私たちの未来を変えるだろう」
7月12日の国連人権理事会でのバチェレ人権高等弁務官の発言。

閉じる

〝アメリカの窓〟からしか世界を見られない旧い政治はもう通用しません。
核兵器をなくし、過去の歴史を反省し、未来をひらく
〝世界の本流〟とともに
歩みましょう。

日本共産党ができて99年。コクミンの命と暮らしを守るために、たくさんの人々と力をあわせてきました。日本共産党がいま考えていること、めざしていることなどぜひ知ってほしいことがあります。