ジェンダー平等へ パンフレット発行

ジェンダー平等パンフ表紙

「個人の尊厳とジェンダー平等のために」――日本共産党の政策をわかりやすくまとめたパンフレットができました。

“食事の準備はいつもわたし”

“入試で「女子だから減点」ってイミわかんない”

“「男性どうしには部屋は貸せません」…”

など、日常にあるジェンダー差別を入り口にして、職場でのセクハラや賃金格差、LGBT/SOGI(性的指向、性自認)、性暴力などのテーマを解説し、日本共産党の政策を紹介しています。

2人の方からのインタビューも掲載。中学1年のときにゲイであることを自認し、つらい思いを抱えていた時期もある男性の話と、子どものころからジェンダー差別を感じ、結婚して改姓したことが大きなショックだったと語る女性の話は、誰もが自分らしく生きられる社会をつくることの大切さを伝えてくれます。

バッグに入れて持ち歩きたくなる、コンパクトできれいなデザインのパンフレットです(A6判・カラー・16ページ)。

ぜひお読みください。

(パンフレットのPDFはこちら)

 

パンフ1-2ページ

パンフ3-4ページ

パンフ5-6ページ

パンフ7-8ページ

パンフ9-10ページ

パンフ11-12ページ

 

パンフ13-14ページ

前へ

ショートムービー「JCP With You in京都 性差別のないジェンダー平等社会へ」

次へ

トーク&交流「語られてこなかった話を、いま語ろう―個人の尊厳とジェンダー平等のために」6月20日