特集

いまこそ「原発ゼロ」の決断を

「原発ゼロへ」 雨を突いて国会・霞が関を埋める人、人、人 「反原発1000000人大占拠」行動

国会正~1 (200x134).jpg首都圏反原発連合(反原連)が呼びかける「反原発1000000人大占拠」行動が11月11日、国会・霞が関一帯でおこなわれ、「即時原発ゼロ」「再稼働反対」などを訴えました。

この日の行動は、毎週金曜日におこなわれている首相官邸前行動の拡大版。国会正門前大集会をメーンに、首相官邸前、東京電力本店前、厚生労働省前、経済産業省前、文部科学省前、財務省前、外務省前、Jパワー前の9カ所の抗議エリアで行動をくりひろげました。国会図書館前にはミュージックエリアが、国会正門前にはファミリーブロックが、それぞれ設けられました。

開始時間の午後3時前から大勢の人がつめかけ、途中から雨が降り出したものの、国会正門前も官邸前も、各省庁前も人であふれました。

記事


「即時原発ゼロ」の実現を 日本共産党が提言 志位委員長が政府に提起

日本共産党は9月25日、「『即時ゼロ』の実現を――日本共産党の提言」を発表し、志位和夫委員長が政府に申し入れました。藤村修官房長官が応対しました。小池晃政策委員長と穀田恵二国対委員長が同席しました。

記事


「即時原発ゼロ」へ 共産党はこう考えます

「原発ゼロの日本を」と願う世論と運動が広がるなか、原発をどうしていくのか、廃絶か存続か―原発・エネルギー問題が大きな政治的争点となっています。「『即時原発ゼロ』の実現を」の提言を打ち出した日本共産党の見解をQ&Aでみてみます。記事

Q なぜ「即時ゼロ」か? →A 広がり続ける「福島」被害 圧倒的多数の国民が要求

Q 「核のゴミ」が問題なのは? →A 処理方法なく増え続ける

Q 電力は足りる? →A 猛暑乗り切り実証済み今冬も不足せず

Q 電気料金が上がる? →A 再生可能エネ 普及進めばコスト低下

Q 日本経済が衰退する? →A 新産業・雇用生み持続可能な成長実現

記事


 

 ニュース 

しんぶん赤旗 購読 見本紙  [一覧]


 

 



/web_tokusyu/web_img/maru.gif日本共産党の提案「こうすれば変えられる」

「即時原発ゼロ」の実現を――日本共産党の提言

原発からのすみやかな撤退、自然エネルギーの本格的導入を

福島原発事故による放射能汚染から、子どもと国民の健康を守る対策を

/web_tokusyu/web_img/maru.gifもっと知りたい原発問題

20110728_genpatsu_zero_panf_shii.jpg20110510_genpatsu_kagakunome.jpg

原発事故の教訓は何か――三つの角度から考える 外国特派員協会 志位委員長の講演

「科学の目」で原発災害を考える 社会科学研究所所長 不破哲三

『原発の闇 その源流と野望を暴く』

ビラ・チラシ

20111208_genpatu_8p.jpg
原発問題 「赤旗」記事・資料集

【署名・プラスター】

原発署名画像プラスター画像

「原発ゼロ」をただちに求める署名
「原発ゼロ」へ署名にご協力を
(署名板の前垂れとしてもご活用ください)

 

 (c)日本共産党中央委員会