このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

北朝鮮の弾道ミサイル発射に抗議する

2019年10月2日  日本共産党幹部会委員長 志位和夫


 一、北朝鮮が本日午前7時すぎに弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射し、島根県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。

 これは、「弾道ミサイル技術を利用したいかなる発射」や「その他のいかなる挑発」も禁じた国連安保理決議に違反し、航空機と船舶の航行の安全を脅かすものであり、強く抗議する。

 一、北朝鮮は、今年5月以来、短距離弾道ミサイルや放射砲(多連装ロケット砲)の発射を繰り返してきた。今回は、海上から発射され、より長射程の弾道ミサイルとみられており、より深刻で重大なものである。

 一、こうした軍事的挑発は、昨年来進んでいる対話による朝鮮半島の非核化と北東アジアの平和構築の流れに逆行するものである。

 北朝鮮が一切の軍事的挑発を中止し、米朝首脳会談の合意にそくして、対話による解決の道を真剣に選択することを求める。

政策