特集

STOP! 消費税10% 3つの大問題と日本共産党の提案

大震災と原発事故で苦しんでいる最中になぜ、消費税増税か? 志位委員長の代表質問・予算委員会質問

 志位委員長は消費税大増税の論拠を突き崩し、消費税に頼らない社会保障拡充と財政危機打開の展望を示しました。


予算委員会

     代表質問ムービー(YouTube)


消費税10%のどこが問題か?

 野田内閣が打ち出した消費税10%。大手メディアも「増税はまったなし」など後押ししていますがとんでもない話です。無駄づかいを続けながら、社会保障も切り捨て、日本経済をどん底に突き落とす消費税増税にはなんの道理もありません。

問題(1)ムダ遣いを続けたまま大増税

●八ツ場ダム本体工事(国費分) 56億円 ●原発推進関連予算 4188億円 ●次期戦闘機F35 100億円×42機 ●政党助成金 320億円 ●証券優遇税制の延長 年間5000億円 ●法人税減税 年間1兆2000億円
「政党助成金」こそムダづかい

 年間320億円の政党助成金。なくせば議員457人分の経費に相当します。日本共産党は支持してもいない政党に税金がつぎこまれることは憲法違反だと主張し、一貫して受け取りを拒否しています。

民主党 168億2588万円 自民党 101億1468万円 公明党  22億7534万円 みんなの党 11億1630万円 社民 7億6230万円 合計 319億4200万円 ※日本共産党は受け取らず

問題(2)「社会保障」は切り捨てばかり

【政府の社会保障改悪案】 ●年金受給額 3年で2・5%引き下げ ●年金支給年齢 先延ばし ●共済年金 給付減・保険料値上げ ●介護報酬 実質マイナス ●診療報酬 実質マイナス ●後期高齢者医療制度 差別を残す「新制度」に ●医療費の患者負担 70~74歳を現行1割から2割に など

問題(3)国民生活大打撃 経済も財政も共倒れ

 1997年、橋本内閣が消費税を3%から5%へ増税。当時、ようやく上向いていた景気をどん底に突き落としてしまいました。国と地方の借金は減るどころか、逆に4年間で200兆円も膨らみました。

 給与の引き下げや働く貧困層の増大など、当時よりひどい経済状況のいま、こんな大増税? くらしも経済も財政もこわす暴挙です。

(グラフ)サラリーマンの年間給与下がり続ける

年収200万円以下の働く貧困層(ワーキングプア)の増大

赤字に苦しむ中小企業77%に


こうすれば社会保障を充実させ、財政危機も打開できます 日本共産党の3つの提案

1、ムダ遣いをやめて 不公平な税制を改めます

 「仕分け」といって様々な予算にいちゃもんをつけてきた民主党政権。しかし、浪費型巨大開発、米軍への「思いやり」予算、原発推進予算、政党助成金など本当の無駄遣いは「聖域」扱い。株取引への特別減税など富裕層を対象にした減税は野放しです。ここにこそメスをいれるべきときです。

聖域なくムダにメスを入れる

大型公共事業

原発推進関連予算

軍事費

政党助成金

増税するなら、まず大企業・大資産家から

株取引きへの特別減税をやめる 1割→従来の2割へ

大企業への新たな減税 1・7兆円をやめる

大企業への研究開発減税、連結納税制度など、特権的減税をやめる

日本の法人税は高くない 大企業は特権で守られている

・ソニー13.3% ・京セラ16.7% ・住友化学17.2%

2、社会保障は国民みんなでささえてこそ、抜本的に改善できます

 社会保障を抜本的に拡充するためには、ムダを削るだけでは足りません。将来、国民全体で、その力に応じて支えることが必要になってくる場合も、所得の少ない人に重くのしかかる消費税という不公平税制ではなく、「応能負担」――負担能力に応じた負担の原則、累進課税の原則にたった税制改正によって財源を確保すべきです。


消費税はいちばんの不公平税制

 消費税は、被災者にも生活保護受給者にも一律にかかる情け容赦ない税金。一方で大企業は価格に転嫁できるので一円も払う必要がなく、利潤、利子、配当などの「資本所得」にはまったく課税されないという不公平な税制です。「低所得者ほど負担が重くなり、医療や介護などの利用抑制にもつながります」(東北大名誉教授 日野秀逸さん・「しんぶん赤旗日曜版」1.22付)、「中小零細業者は価格に転嫁できず、ばたばたつぶれるでしょう」(経済ジャーナリスト 荻原博子さん・同)と識者も指摘しています。


3、くらしと権利を守るルールをつくり 国民生活を安定させて、健全な経済成長を

 無駄をなくし、能力にふさわしい税負担をすすめつつ、国民の暮らしと権利を守る「ルールある経済社会」をつくることも欠かせません。「働く貧困層」をなくし、中小企業を応援する政策で、大企業にたまった260兆円にのぼる内部留保を社会に還流させます。こうすれば、家計を温め、内需主導の健全な経済成長をもたらすとともに、着実な税収増も実現できます。

GDP世界第3位の経済力があるのに... ここに問題 安い賃金でもうけた富が一部の大企業のため込みに その額266兆円(国の予算の3倍!)→さらに儲けるために→非正規労働者は増加するばかり 低賃金・長時間労働で生活はぎりぎり→お金に余裕がなく買い物をひかえるためお店もメーカーももうからない→商品の買い手と安い労働職を求め企業は海外へ→国内では海外との競争を強いられよりやすい賃金に我慢させられる 日本は負の連鎖がつくられている

こう変える 国民のくらしと権利をまもる法律をつくる●派遣法をあらため、正社員に雇用する(正社員が当たり前の社会に)●中小企業とちゃんと適正な価格取引をする丸最低賃金を上げて、生活に困らない給与を保障する→大企業の内部留保のたった6.8%で460万人の正社員が増える→国民しの所得が増え、生活が安定し市場が活性化する→大企業も中小企業も利益があがり、経済が成長の軌道に 家計をあたためて経済を立て直します

「しんぶん赤旗」消費税関連記事

記事一覧

 (c)日本共産党中央委員会