2011年8月17日(水)「しんぶん赤旗」

南ア20万人 賃上げ求めスト

自治体労働者「18%を」


 南アフリカ共和国で20万人を超える自治体労働者が15日、賃上げを求めてストライキを行いました。ロイター通信が伝えました。各地でゴミ収集や水道修理などの自治体業務で影響が広がる見込みです。今回のストに先立つ鉱山労組などのストと比べ、経済への影響は限定的とみられています。

 南ア自治体労働者組合(SAMWU、組合員14・5万人)は、18%の賃上げを要求していますが、政府側は6%の賃上げを提示するにとどまっています。

 同労組のスポークスマンは「賃上げの最低ラインは10%以上だ。それ以下で妥協することはない」と語っています。

 南アフリカでは5%を超えるインフレが続き、各分野での組合交渉の多くは7〜10%の賃上げで妥結しています。





■関連キーワード

もどる
日本共産党ホーム「しんぶん赤旗」ご利用にあたって
(c)日本共産党中央委員会
151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7 TEL 03-3403-6111  FAX 03-5474-8358 Mail info@jcp.or.jp