2010年6月12日(土)「しんぶん赤旗」

菅首相の所信表明の感想を問われ

反省なしに新しい政治は生まれない

志位委員長が会見


写真

(写真)記者会見する志井和夫委員長=11日、国会内

 日本共産党の志位和夫委員長は11日、国会内で記者会見し、菅直人首相の所信表明演説の感想を問われて、「反省なしに新しい政治は生まれない」と厳しく指摘しました。

 志位氏は、「鳩山前政権が国民の厳しい怒りを受けて退陣に追い込まれたわけだから、それに対する反省が新しい内閣の出発点でなければならない。ところが、菅首相の演説にはその反省がまったく見られなかった」と批判しました。

 沖縄の米軍普天間基地問題については、名護市辺野古に巨大な基地をつくる日米合意をあくまでも実行するというもので、「いわば居直りの宣言になっている」と指摘。「政治とカネ」の問題は、国民の厳しい批判をあびているのに、鳩山前首相が辞めたことで「けじめをつけた」としていることをあげ、“一件落着”として済まそうとしていると批判しました。

 また、後期高齢者医療制度の撤廃の問題、労働者派遣法の抜本改正の問題は、大きな課題であり、民主党の公約でもあったはずなのに「今回の所信表明演説では言葉すら出てこなかった」と強調しました。

 志位氏は、「前任者が、あれだけ国民の怒りを集めて惨めな退陣に追い込まれたという事実があるのだから、それを受け止めて反省すべきは反省してこそ、新しい出直しができるはずだ。反省のないところからは新しい政治は生まれない」と述べました。





■関連キーワード

もどる
日本共産党ホーム「しんぶん赤旗」ご利用にあたって
(c)日本共産党中央委員会
151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7 TEL 03-3403-6111  FAX 03-5474-8358 Mail info@jcp.or.jp