特集

ブラック企業、原発、憲法...。どうする日本。「キミも共産党といっしょに世の中を変えないか」カクサン部長

 フツーに就職することがむつかしい。国民が「原発ゼロ」をもとめても、スルーする政府。戦争なんてイヤなのに、憲法9条変えて「国防軍」...。
「いまの世の中、なんかおかしい」と感じてる人は多いと思う。

 こういう世の中に、流されて生きていくか。それとも、おかしいと声をあげ、変えようとやってみるか。共産党は、後者をえらんだ人たちの集まりだ。

 一人じゃキビシイかもしれないが、仲間がいる。みんなで力をあわせれば、かならずできる。

 キミも、社会を変える仲間の輪にくわわらないか。


「赤旗を読んでみよーっ」がまぐっちゃん購読の申し込み 見本紙の申し込み フツーの新聞やテレビじゃ、はいってこない情報が満載です。「政治の真実」を知りたいなら、この新聞。一か月3400円は決して安くないけど、損はさせませんぜ。800円の日曜版もあります。

「赤旗お申込みの方の声」私は現在、非正規のパート社員として働いています。「しんぶん赤旗」は雇用問題に関する記事が充実しているということを聞き、自分の境遇のこともあって興味があったので、購読の申込みをしました。(埼玉 男性) 「しんぶん赤旗」日刊紙を読んでいる知人の知識量に刺激を受けました。これまで中日、日経、朝日、赤旗の日曜版を読み比べてきましたが、日刊紙もとって今後の日本の政治を変える参考にします。(愛知 女性) ぶれない共産党の姿勢に共感ができます。自民党の政策、とくに憲法、原発、歴史認識に歯止めをかけてください。(岩手 男性) これまでもネットで赤旗記事をちょくちょく見ていて、参院選では共産党に一票を投じました。自民党が今までしてきたこと、これからやろうとしていることにちゃんと目を開き後悔のない選択と生き方をしたいと思い購読を決めました。(秋田 女性) これまで共産党に興味、関心はなかったが、参院選で前進したのを機に注目するようになった。「日曜版」の見本をもらってためしに読んでみたらなかなか勉強になる。共産党は正しいことをいっている。(京都 男性)

「共産党に入って政治を変えるわよ」雇用のヨーコ綱領規約 入党のよびかけ 綱領と規約を読んでみてね。で、「これなら賛成だ」という人は入党できるのよ。ただし、18歳からね。「やってみたい」と思ったら、あなたの地元にも共産党の事務所があると思うから、まず電話してみて。全国の党事務所「入党された方の声」日本の政治が力のある大企業やアメリカの都合で進められて、このままでは私たちの生活はもっと苦しくなる。共産党の消費税に頼らない経済提言や綱領を読んで、共産党が伸びれば日本はよくなると思ったので、とりあえず入党してみた。「理想だ」って言われてもいい。人間の歴史は争いの連続だったかもしれないけど、軍隊がなく、人と人が手を取り合って生きていける社会をつくりたい。その実現のために頑張りたい。(三重、20歳、大学生) 事故当時は「原発はやめるべき」と言っていた政治家が「電力不足だから原発は必要」とコロッと発言を変えたりして、「政治がおかしいな」と疑問を持つようになった。日本共産党が被災地ボランティアや物資の支援などをしてきたこと、再稼働に反対し、原発ゼロをめざしていることを知って、「島根にも原発がある。政治が悪い、とあきらめるのではなく自分でどうにかしたい」と思い、入党を決意した。(島根県、25歳、会社員) 子どもがお世話になっていた公立保育所が民営化されるという事件が起き、頑張ってくれた共産党を身近に感じ、「政治は私たちの生活のすぐ隣にある」と気付きました。いま、自民党が露骨に「改憲」を口にするようになってきましたが、「日本が戦争をする国になる」なんてとんでもない。自分の子どもが「生活のために兵隊に志願する」ということにならないように、政治を変えたい。(兵庫県、30代)

「民青同盟の仲間になっていないかい?」オテントSUN日本民主青年同盟 ハロー!民青って知ってる?民主的な社会をめざす青年が集まってる団体なんだYo。共産党を相談相手に、いろんなことを勉強して、世の中を良くしようとがんばってるのさ。新聞も発行しているYo。

民青同盟に加盟した方の声被災地ボランティアに参加して、「原発がなかったらこんなことにならなかったし、復興も早くなるのに」と思った。日本がトルコに原発を売るなんてとんでもない。被災地の現状や被災地の感じたことを友だちにも話したいし、同世代と社会のことが考えられるのがいい。(滋賀) 原爆資料館に行ったことがあって「原爆はなくすべき」と思ってはいたけど、行動にふみだすきっかけがなかった。でも、友人から「テレビでは、家計のやりくり術とか就活突破法とか『自分の責任で』って言われてるけど、政治の悪さから目をそらしちゃいけないのでは。民青では科学的なものの見方を大事にしているよ」と言われ「新しい発見があるかもな」と思って加盟した。(京都、大学生) 民青って、政治や社会のことを勉強できると聞いて「難しそう」という思いもあったけど、「チョイ足し」企画、たこ焼きパーティーとか、たのしそうな企画もやっていると聞いて、「そんなに堅苦しくないのかな」と思って入った。入ってみて、最初の歓迎会でギョーザの「チョイ足し」企画をやってくれて、いろんな高校生と話せて楽しかった。(高校生)

 (c)日本共産党中央委員会