このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

2018年7月豪雨災害被災地への支援を

豪雨被災者支援の各種制度

 「被災者支援に関する各種制度の概要」内閣府(平成29年11月1日現在)について

 内閣府のホームページに「被災者支援に関する各種制度の概要」があります。○経済・生活面の支援、○住まいの確保・再建のための支援、○中小企業・自営業者への支援、○安全な地域づくりの支援、○相談窓口に分けて、それぞれ詳しく支援制度・相談窓口が紹介されていますので参考にしてください。(http://www.bousai.go.jp/taisaku/hisaisyagyousei/pdf/kakusyuseido_tsuujou.pdf

避難所の生活環境改善のために

生活の改善へ役立つ制度を活用しましょう(PDF)

ビラ

豪雨災害の救援募金

 西日本を中心とした記録的豪雨により、各地で土砂崩れや河川の増水・氾濫が相次ぎ、多数の死者、安否不明者をはじめ甚大な被害が発生しています。また、今後も被害の拡大が予想されます。

 豪雨災害にあわれたみなさまに心からお見舞いを申し上げます。 また、亡くなられた方々に心から哀悼の意を表します。

 日本共産党は、被災者救援のための募金を受け付けています。お預かりした募金は、日本共産党の政治活動のための資金とは区別し、その全額を被災者の救援に充てます。

 募金は、下記の郵便振替口座に送金してください。

 ▼口座番号 00170―9―140321
 ▼加入者氏名 日本共産党災害募金係

 ※通信欄に「豪雨災害救援募金」と記してください。手数料はご負担願います。

ボランティア情報

 日本共産党は、西日本を中心とした記録的豪雨による被災地でのボランティア活動を呼びかけます。

 被災地では、死者や行方不明者、全壊家屋、床上浸水、床下浸水など被害は多数に及んでいます。とりわけ、岡山県、広島県、愛媛県は、深刻な被害に見舞われました。豪雨が去った後も、訪問活動、浸水家屋の泥だし、ゴミの片づけや収集、生活支援などのボランティア活動が求められています。

 被災地では、自治体や社会福祉協議会が「災害ボランティアセンター」を開設し始めています。各地の「災害ボランティアセンター」の開設状況や留意事項、ボランティア保険の登録などについては、全社協のホームページを参考にしてください。(https://www.saigaivc.com/20180709/)また、このページで随時紹介します。

2018年7月11日


各県の社会福祉協議会の災害ボランティア

被災地の議員から

岡山県議

すます伸子HP

森脇ひさきtwitterfacebook

岡山市議

田中のぞみfacebook

林じゅんtwitterfacebook

竹永みつえfacebook

東つよしtwitter

倉敷市議

田辺昭夫facebook

末田正彦facebook

倉敷市議団twitter

広島県議

辻つねおfacebook

広島市議

近松さと子twitterfacebookHP

村上あつ子facebook

中原ひろみfacebook

中森たついちfacebook 

ふじいとし子facebook

呉市議

久保あずまHP

おくだ和夫facebook

愛媛県委員会

豪雨災害対策本部HP

※被災地の議員の方へ。コチラまで連絡をください。ここで紹介します。

日本共産党の活動

2018年7月

主な「しんぶん赤旗」記事

2018年7月