日曜版「しんぶん赤旗」

日本共産党メイン

「しんぶん赤旗」トップ

食料高騰から見えた 輸入頼みの時代は終わった

110306-1面.jpg TPPで食卓ピンチ

小麦、大豆、トウモロコシ、そして原油も。この春、輸入大国・日本に国際価格上昇の大波が押し寄せています。食料は今後、世界的な需要増で不足や高騰が予想されます。安定供給が必要なのに、菅内閣は今でも低い食料自給率をさらに押し下げるTPP(環太平洋連携協定)参加をめざすというのです。30年前から国産小麦でパン作りをしている東京・町田市のパン屋さんの店主・伊藤幹雄さんの話や、農家、商社関係者など「今こそ国内増産を」の思いを聞きました。


(c)「しんぶん赤旗」日曜版