朝鮮半島・不審船問題

北朝鮮のミサイル発射の暴挙に強く抗議する

2017年3月6日
日本共産党幹部会委員長 志位 和夫


一、北朝鮮は本日6日午前、日本海に向けて弾道ミサイル4発を発射し、うち3発が日本の排他的経済水域に落ちた。北朝鮮の繰り返されるミサイル発射は、核兵器の開発と不可分に結びついた軍事行動であり、国際の平和と安全に深刻な脅威を及ぼす行為である。それは、国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙である。日本共産党は、北朝鮮の行為を厳しく非難し、抗議する。


一、国際社会は一致結束し、経済制裁を厳格に実施し圧力を強めることと一体に、外交交渉を通じて北朝鮮に非核化を迫り、核・ミサイル開発の手を縛り、その放棄に向かわせるという対応をおこなうことが重要である。

一、北朝鮮に核・ミサイル開発の放棄を迫るうえでも、今月27日から国連で始まる核兵器禁止条約に関する国際会議の成功がいよいよ重要であり、わが党はそのために力をつくす。

 (c)日本共産党中央委員会