芸術・文化の自由な発展めざし公的支援の充実に努めます
| 学術・文化の自由な発展めざし、公的支援の充実に努めます |

文化の発展は、豊かな人間性をはぐくみ、社会の進歩に欠かせないものです。

芸術・文化を自由に創造し享受することは、国民の基本的権利であり、その条件を整えることは政治の責任です。

新着情報 ~ ~ ~

参選挙政策より

|  
|

公的支援をめぐる解説・主張(2001年6月~)

国会議員団の活動(2001年11月~)


|  
|

日本共産党の考え

なぜ必要

文化の発展は、豊かな人間性をはぐくみ、社会の進歩に欠かせないものです。

芸術・文化を自由に創造し享受することは、国民の基本的権利であり、その条件を整えることは政治の責任です。

厳しい不況で民間劇場が相次いで閉鎖されるなど、文化は「市場原理」だけにまかせられない分野。公的支援を充実することで発展が保障されます。

国・地方の責務を明記した文化芸術振興基本法が成立しました。芸術・文化活動の発展に役立つよう生かしていくことが必要です。

公的支援の原則は

芸術・文化活動は自由・自律的に営まれるものです。行政が支援をおこなうさいには、芸術・文化活動の内容に介入しないこと、芸術家・団体を差別しないことを原則としなければなりません。

施策をすすめるにあたっては、行政主導でなく、なによりも芸術・文化関係者や国民の声と願いを大事にしていきます。


ご意見・感想をお待ちしてます

 ホームページへのご意見・感想をお待ちしています。
芸術・文化活動への公的支援にまつわる情報などお寄せください。 メール info@jcp.or.jp

 (c)日本共産党中央委員会