月刊誌・書籍

月刊学習2017年10月号 表紙

月刊学習

2017年10月号
定価380円(送料78円)

 「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

定期購読

申し込み

バックナンバー

【お願い】2014年4月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。

写真・若林節子生きた力を発揮する党大会決定
三文献読了で新たな峰に挑戦しよう

 学習・教育局次長 若林節子


手記 支部の活動に学んで三文献の全党員読了を
 北海道 旭川地区 学習・教育部長 木元靖子


写真・田村一志SNSの新たな可能性をつかみ、新しい挑戦を
 宣伝局長 田村一志


川田忠明原水爆禁止二〇一七年世界大会禁止から廃絶へ──新たな運動の発展を
 平和運動局長 川田忠明


写真・藤田健「しんぶん赤旗」の値打ちと役割(上)
紙面づくりの現場で考える
 赤旗編集局次長 藤田 健



連載 入門講座 日本共産党綱領を学ぶ
〈第二回〉異常な国家的な対米従属――その歴史と現在
 学習・教育局次長 長久理嗣


手記 学習を党を語る力に
 東京 A学生支部 早川 薫
 愛知 県民青同盟グループ 落合 拓
 三重 南部地区 阿児支部 谷口米男
 大分 南部地区 学習・教育部員 佛坂健二


連載 ワタナベ・コウの日本共産党発見11


若い世代のなかでの活動
労働者後援会への援助を軸に、前向きな変化をつくって
 A県 大寒鉄郎
地域支部主催の「集い」で、世代的継承をすすめて
 京都北 畠山昭雄

青年・学生の手記 私と日本共産党
核兵器のない世界をめざす党や民青を発信したい
 S・K

発掘 あの時あの写真
台風災害被災地をまわり「激特事業」創設へ(1975年)
月刊学習2017年11月号 写真 台風災害被災地をまわり「激特事業」創設へ(1975年)

連載 綱領の基本用語の解説
くりかえす不況と大量失業 など

言葉の現場から
「壮絶」 探偵と推理
 河邑哲也

海外リポート
[ベネズエラ]
国民の困窮下で強権化に突き進むマドゥロ政権
 松島良尚

科学トピックス
類人猿赤ちゃんの 化石が語るもの
 間宮利夫


書籍トップページ新しい号 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
 (c)日本共産党中央委員会