月刊誌・書籍

月刊学習2016年12月号表紙

月刊学習

2016年12月号
定価380円(送料78円)

 「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

定期購読

申し込み

バックナンバー

【お願い】2014年4月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。

特集 「党大会成功をめざす党勢拡大大運動」の推進

写真・市田野党共闘と党綱領、この時代の生き方をめぐって

「集い」での市田忠義副委員長の講演から


写真・土方明果党員拡大を「根幹」にすえ「わが支部の大運動」に

 組織局長 土方明果


写真・井上和好読者拡大を「しんぶん赤旗」中心の党活動定着の努力と一体に

 機関紙活動局次長 井上和好



写真・香西亮子市民運動との連帯、交流で生まれた大きな変化
リスペクトと率直な議論を重ねて

 神奈川県委員会 香西亮子


「支部が主役」の党づくり
『講座 みんなで学ぶ党規約』を学んで
 茨城県南部地区委員長 佐藤正剛/長崎県北部地区委員長 石川 悟

連載講座
1612-hiroi-photo.jpg女性差別をなくし、男女が共に生きる社会を
〈第6回〉政治と社会の活動への参加を平等に
 女性委員会責任者 広井暢子


新連載 ワタナベ・コウの日本共産党発見(1) 田村智子さんに聞いた「共産党と私」

若い世代のなかでの活動
前進への一歩を踏み出した民青同盟と党の援助について
 和歌山県副委員長 野尻富子

香川での青年の変化への確信を広げ、世代的継承を県党全体で
 香川県委員会 青年学生対策部長 田辺健一

青年・学生の手記 私と日本共産党
住民のくらしと命を守る政治へ 地方から変える先頭に
 島根県 吉井安見

第40回各級講師資格試験問題

連載 綱領学習の資料紹介 52
日本社会が必要としている変革(1)

連載 綱領の基本用語の解説
進歩と変革の伝統/政教分離の原則など

発掘 あの時あの写真
第五福竜丸の保存へ(1968年)

言葉の現場から
まんじりともせず
 河邑哲也

海外リポート
[核兵器禁止条約]
交渉開始へ国連が決議 違法化に道を開く

 島田峰隆

科学トピックス
噴火が現生人類を誕生させた?
 間宮利夫


書籍トップページ新しい号 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
 (c)日本共産党中央委員会