月刊誌・書籍

月刊学習2016年5月号表紙

月刊学習

2016年5月号
定価380円(送料78円)

 「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

定期購読

申し込み

バックナンバー

【お願い】2014年4月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。

Q&A 憲法の全条項をまもる日本共産党

Q1、「立憲主義の回復」がなぜ大事?/Q2、「安保法制」を「憲法違反の戦争法」というのは?/Q3、 憲法9条をどう見る?/Q4、自衛隊をどう考える?/Q5、自民党の改憲案で「国民主権、基本的人権、平和主義」は?/Q6、「憲法に主権在民の原則を明記させた」とは?/Q7、日本国憲法制定時になぜ「反対」?/Q8、天皇条項どう考える?/Q9、政権についても憲法まもるのか?


写真・宮本徹オスプレイ配備と横田基地強化の危険
 衆議院議員 宮本 徹



写真・藤森高校生の政治活動の自由をどう考える
 藤森 毅 文教委員会責任者に聞く



写真・鈴木剛原発再稼働はあり得ない
崩壊した安倍政権の“安全神話”
 原発・エネルギー問題対策委員会 鈴木 剛



写真・高瀬康正住生活の安定の確保と向上を
「住生活基本計画」改定にあたって
 国民運動委員会 高瀬康正



写真・内藤豊通歴史を切り開く市民のたたかい
野党といっしょに国政選挙の勝利めざす
 「しんぶん赤旗」国民運動部長 内藤豊通



若い世代のなかでの活動
「わかせだニュース」と「青年名簿」で、つながり広げる
 さいたま地区 斉藤 功

党員拡大を実践的課題とし、職場支部長会議での交流を力に
 X県 佐藤正雄

青年・学生の手記 私と日本共産党
「政治は変えられる」という実感が持てる活動を
 東京都 小林太郎

言葉の現場から
障害者、障碍者、障がい者
 河邑哲也

データで見る日本
困窮する学生生活と奨学金

コラム@getugaku
改姓強制と「家」思想の強制
 庄子正二郎

海外リポート
[米大統領選挙]
サンダース氏健闘とトランプ氏に支持広がる背景は…

 洞口昇幸

科学トピックス
アインシュタインの宿題 ついに重力波とらえた
 中村秀生


書籍トップページ新しい号 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
 (c)日本共産党中央委員会