出版局発行
   

fuwa_Kapital_150.jpg
46判80ページ カバー装
定価500円(税込)送料82円

書籍トップへ

購入する

『資本論』刊行150年に寄せて

不破哲三著

 46判80ページ カバー装 定価500円(税込)送料82円

世界の資本主義の現状は、マルクスの目からはどのように見えるのか、資本主義の歴史的使命と未来社会の展望は――不破社研所長が『資本論』の世界を案内します。

【目次】

はじめに

 「資本主義」――マルクスの命名が世界語になった

現代に光るマルクスの資本主義批判

 「祭りが終わってから……」/結集して「社会的バリケード」を/恐慌の〝秘 密〟を解く/搾取と支配が社会全域に

資本主義は人類史の過渡的一段階

 物質的生産力の高度な発展/「世界市場」の形成/自由と民主主義の旗

マルクスの未来社会論

 未来社会論をめぐるレーニンの誤解をただす/輝かしい未来像――人類 社会の「本史」/過渡期の研究/「社会主義をめざす」国をどう見るか

革命家マルクスの決断

 反共攻撃には一大打撃を/国際運動に本気で取り組む

 


 (c)日本共産党中央委員会