出版局発行
   

A5判32ページ パンフレット
定価150円(税込)送料82円


 

書籍トップへ

購入する

立憲主義を考える

いま政治が守るべき一番のルール――。

その豊かな中身を学び、憲法まもれのたたかいに役立てよう。

A5判32ページ パンフレット

定価150円(税込)送料82円

 

立憲主義とは、人権を守るために、憲法で権力を制限する仕組み――それが破壊されれば独裁政治。

立憲主義の中核には「個人の尊厳」がある。個人には、だれにも侵すことができない、その人らしさを選び取る権利がある。

憲法9条は立憲主義の強化形態。

「戦争法」による立憲主義破壊の根源には「日米同盟」がある。

最高裁の砂川事件判決は、立憲主義の自殺行為だった。

自衛隊が海外での武力行使を許されなかったのは憲法9条2項のため。

――「しんぶん赤旗」連載に大幅加筆、資料も充実。

≪目次≫

①そもそもの目的は… 根本は「個人の尊厳」

②人権思想を否定する自民草案 「個人」-「個」=「人」?

③憲法9条制定の基礎に 戦争は自由の最大の敵

④「法の支配」から「人の支配」へ 言葉の明確な意味無視

⑤異常な従属性=主権放棄 条約を超える日米同盟

⑥砂川事件最高裁判決 憲法壊す詭弁の論理

⑦〝新9条論〟どう見る 9条2項は生きている

⑧民主主義と結んで力を発揮 「憲法まもる」市民の力

 

 


 (c)日本共産党中央委員会