出版局発行
   

fuwa_okinawa.jpg
A5判 56ページ
定価200円(税込)送料82円

書籍トップへ

購入する

基地のない沖縄をめざして 現状と前途を考える 日本共産党不破哲三前議長の講演

「沖縄問題」の歴史から辺野古新基地問題まで、ズバリ解明。

祖国復帰闘争から辺野古新基地建設問題まで、県民の団結したたたかいの歴史、在沖米軍基地の真実と今後の展望を、核密約の真相、世界の米軍基地の実例にもふれて語ります。「勇気と希望をもらった」の声が相次いだ講演全文を「注」をつけて収録。

A5判 56ページ 定価200円(税込)送料82円

 

【目 次】

寄せられたメッセージ

 沖縄県知事 翁長雄志

 オール沖縄会議共同代表 呉屋守将

来賓あいさつ

 那覇市議会議長 金城 徹

基地のない沖縄をめざして現状と 前途を考える 日本共産党前議長 不破哲三

 占領下、最初の沖縄訪問

 第一の問題  なぜ、沖縄は日本から切り離されたのか

 第二の問題  アメリカは沖縄にどんな基地をつくってきたか

 第三の問題  アメリカは辺野古新基地建設で何を目的としているのか

 第四の問題  闘争の展望はどこにあるか

 沖縄と本土のたたかいが大きく合流しつつある

 日本の国民の手には切り札がある

 

◆パンフ収録にあたり付された「注」

国政参加選挙

サンフランシスコ平和条約の沖縄条項

カイロ宣言

信託統治制度

佐藤=ニクソン核密約(1969年)

「核抜き」の演出の相談

明治の政治家

1999年の国会論議

日米安保条約の廃棄条項



 (c)日本共産党中央委員会