出版局発行
   

2016_hatabiraki_shii.jpg
A5判ブックレット 80ページ
定価380円(税込)送料82円

書籍トップへ

購入する

国民の新たな歩みを政治の変革に

A5判ブックレット 80ページ 定価380円(税込)送料82円

国民連合政府への展望を示し、「個人の尊厳」、「相手への敬意」を解明した志位委員長の「党旗びらき」あいさつ、中野晃一さん、早野透さんとの新春対談を収録。2000万署名達成、参院選躍進にむけた国民的対話の力になります。

【目次】

日本共産党の躍進で政治を変え新しい歴史をつくる年に

 ――2016年党旗びらき 志位和夫委員長のあいさつ

〔新春対談〕

新たなうねり 今年も続く 中野 晃一さん

政治の変革につなげたい   志位和夫さん

〔新春対談〕

「国民連合政府」志位さんからオーラ 早野  透さん

政治を変えるにはこれしかない    志位和夫さん

 

中野:国会前での抗議や、そこで表れた市民社会の変化を、たんに「守るもの」ととらえたら大きな誤りだと思うんですね。 むしろ、 国会前での抗議などで出てきたのは、主権者として、今後も立憲主義、 日本国憲法の中にある平和への思いというものを守り、育んでいくという姿勢が出てきた。

志位:そういう流れの中で、「個人の尊厳」ということがとても大事なキーワー       ドとして出てきたというのは本当に重要だと思います。

                         *  *  *

早野:志位さんの構想は、非常に納得できます。論理的だし。ただ立憲主義というのはどういうことなのか、モヤッともしています。

志位:立憲主義とは、簡単にいえば、憲法によって権力をしばるという考え方で     す。 そこが今、壊れている。憲法を無視して、権力が暴走を始めたら、独裁政治になる。


 (c)日本共産党中央委員会