PAGE TOP

日本共産党創立95周年によせて
各界メッセージ

 日本共産党は7月15日、党創立95周年(1922~2017年)を迎えました。各界から寄せられたメッセージを紹介します。

Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

あさのあつこさん池内了さん海老名香葉子さん鹿野文永さん小松泰信さん高山佳奈子さん中沢けいさん浜矩子さん

権力に一番厳しく対峙

写真:あさのあつこさん

あさのあつこさん 作家

 創立95周年、おめでとうございます。

 私は共産党のことを、すごくよく知っているわけではないのですが、いまの政治状況のなかで、共産党に頑張ってほしい気持ちが強いです。一番、権力に厳しく対峙し、チェック機能を持っていると思うからです。

 人が人らしく生きられる国をつくろうと、歴史のなかで存在してきたことが、とても素晴らしい。これから未来に、その意味がさらに大きくなってくると思っています。

 安倍「1強」政治をなんとかしてほしい、もう本当に変わってほしいというのが、都民だけでなく、国民大多数の願いです。

 東京都議選では、共産党はその願いの受け皿になっていたと思います。もっともっと、議席を伸ばしてほしかったですね。

 共産党が伸びないと、日本は変わらないのではないかと思うんですよ。いまのひどい状況を、私たちの側に立ってものを言ってくれるのではないかと期待しています。(2017年7月14日)

軍学共同反対でともに

2017_95th_ikeuchi.jpg

池内了さん 名古屋大学名誉教授(宇宙物理学)

 日本共産党創立95周年おめでとうございます。

 今、いずれの世論調査を見ても安倍内閣の支持率が激減し、「安倍内閣を許さない!」の声が大きく広がりつつあります。今こそ軍拡路線を突っ走る安倍体制を打破するチャンスであり、この機を捉えて日本の政治の動きを民主的路線へと転換させねばなりません。日本共産党が倒閣運動の中心になっていっそう活躍されることを期待しています。

 軍学共同の進展に対して、日本学術会議から大学の軍事化を懸念する声明が出されました。これに応じて多くの大学が防衛省の委託研究制度に応募しないとの態度表明をしており、私たちの運動が一定の支持を得ている手ごたえを感じています。

 しかし、大口の資金提供に釣られて研究開発法人が応募していることが伝えられており、その結果次第では来年の応募に影響してくると考えられます。その意味で軍学共同反対の運動を今後も息長く続けていく覚悟です。日本共産党の支援をお願いします。(2017年7月14日)

庶民の味方がんばって

2017_95th_ebina.jpg

海老名香葉子さん エッセイスト

 95周年おめでとうございます。大正時代からの歩み、驚きです。なんといっても庶民の味方の党でしょう。戦前は「アカ」といわれる苦難の歩みでしたが、戦後はがらっと変わり、いまは「共産党」って普通に口にできる時代となりました。都議選でも議席を増やしましたね。次は票をさらに上積みするのではないですか。もっともっと国民のイメージも変わっていくんじゃないかと思っています。

 主張もぶれてません。みなさん、それを頼りにしています。これからも分け隔てなく情をもって国民に接していただき、分かりやすい言葉で政治を語っていただきたい。

 いまも世界で戦争が絶えません。空爆の被害で泣いている子どもの姿をテレビなんかで見ると胸が締め付けられ、いたたまれません。戦争だけは絶対にだめです。どこの国とも信頼しあって心が通いあえる国に日本はなってほしいと切に願っています。世界の平和のために頑張ってください。(2017年7月14日)

共産抜き共闘あり得ぬ

写真:鹿野文永さん

鹿野文永さん 元全国町村会副会長 9条を守る首長の会副会長

 日本共産党の95年にわたる血みどろのたたかいがあってこそ、今日の日本の平和が維持され、これを世界に発信し、アベ政治をここまで追い込んでいると思います。

 都議選における共産党の勝利によって、アベ政治にかわる受け皿がこの共産党であることを、日本国民に周知した功績は偉大です。

 共産党抜きに野党と市民の共闘はあり得ません。日本国民は市民革命と選挙を重ね、次第次第に野党と市民の共闘に自信と勇気を抱いてきています。

 今、宮城県では、仙台市長選挙がたけなわです。

 昨年夏の参議院議員選挙の勝利に続き、今年の夏も市民の会が野党との共闘を実現し、この市長選挙をたたかっています。この共闘候補の勝利こそ、東京都議選挙の直後の選挙として、明日の日本の針路を決めると私は確信しています。

 反共は戦争への始まりです。仙台市に、ひいては宮城県そして日本全国に反共を持ち込ませてはいけません。(2017年7月14日)

共闘まとめ健全与党に

写真:小松泰信さん

小松泰信さん 岡山大学大学院教授

 「〝隠れ共産党〟宣言」(JAcom 昨年12月28日)を書いて以降、日本共産党の政治姿勢に直接触れる機会が増え、宣言に誤りなしとの感を深めています。

 安倍政権の国政私物化や加速する改憲策動等々には空恐ろしさを覚えるばかりです。「共謀罪」成立時の暴挙は、恐怖政治のプロローグと言えるでしょう

 現状では、この国を平和なままで次代に渡したいという願いはかなわないようです。だからこそ、野党と心ある市民はともに立ち上がり、現政権を打倒しなければなりません。

 そのたたかいで重要な役割を担えるのは日本共産党だけです。95年間、反戦平和と国民主権を貫いてきた歴史とともに、人々の生活に密着したこまめな日常活動がその証しです。

 今回の都議選の結果に満足すべきではありません。日本共産党は野党第1党になるべき存在です。

 国政においては、野党共闘をまとめ上げ、健全野党から健全与党となるべき存在です。

 それを達成してこそ、党創立100周年を晴れて迎えることができるのです。(2017年7月14日)

立憲野党の中心として

写真:高山佳奈子さん

高山佳奈子さん 京都大学教授

 東京都議選の結果は、「都民ファーストの会」への期待というより、憲法と法律を無視し公権力を私物化する自民党への不支持の表れにほかなりません。それは世論調査で「都民ファーストの会」が次の衆院選で全国に候補者を立てることを「期待しない」が55・2%だった(NNN調査)ことからもうかがえます。

 安倍内閣退陣を求める9日のいっせい行動では、デモへの若い世代の参加が目立ちました。新宿の街頭宣伝では私よりも若い人のほうが多数でした。

 志位委員長や小池書記局長を先頭に安倍政権を退陣に追い込み、立憲主義を取り戻す国民連合政府の樹立を提唱する日本共産党の人気が、無党派層の若者の間で高まっているのを感じます。今、日本共産党には、名実ともに立憲野党の共闘で中心的役割を果たすことが期待されています。

 支持したい政党がないという人にも関心を広げるため共産党の企画するいろいろな催しも、ウェブサイトやフェイスブックなどで積極的に情報を提供していただけるとよいのではないでしょうか。(2017年7月14日)

頑固に立憲主義を守る

写真:中沢けいさん

中沢けいさん 作家

 創立95周年おめでとうございます。

 日本共産党はここ数年、すごく変わったと思います。志位和夫さん(委員長)は反原発の集会に来て、フラット(対等)な立場でスピーチしてくれます。ニュースでしか知らない政治家を身近に感じられるようになったのはいいところ。現役の子育て世代の議員も増えていますね。吉良よし子さん(参院議員)は、保育園が足りない深刻さを実感を持って訴えています。そんなきめ細かい姿勢は続けてほしい。

 変わらないのは党名。ちょっと頑固な人が多いのかしら。頑固に立憲主義を守るのが共産党だとみなさん分かっています。

 安倍首相は、立憲主義の基本的なルールを壊し、言葉も破壊しています。「反省」と言いますが、どこがと聞きたい。「こんな人たち」とは、どんな人と思っているの。一部の人と思っているならとんでもない。多くの人が安倍首相に本気で激怒しています。それが都議選の結果でした。(2017年7月14日)

政治の品位保つ役割を

写真:浜矩子さん

浜矩子さん 同志社大学大学院教授

 東京都議会議員選挙はすばらしい結果でした。民主主義は機能するということです。日本共産党の首尾一貫した姿勢がしっかり評価されました。健全な有権者の判断とそれを受け止めることのできる政党の存在―この連携が状況をまともな方向に変えていく希望の核となるでしょう。

 この結果をもたらしたのは安倍政治への鮮烈な怒りです。われわれをどこまで愚弄すれば気が済むのかという根底から燃え上がる怒りでした。共謀罪、加計、森友、改憲。正当な疑問を投げかけてくる人を敵視し、個人攻撃をもって振り払おうとする。知性のかけらもなき政治体質です。

 共産党には今後、ますます知性鋭く、舌鋒すさまじく迫って、安倍改憲を打ちのめしてほしい。安倍政権の体質と好対照なものを共産党は示しています。知的レベルの高さ、厳密性、議会がどういう場かをきちんと理解できている姿勢―政治の品位を保つ品質管理責任者としての役割をさらに貫かれることを期待します。(2017年7月14日)