未来になう青年に生きがいある仕事を
----------
 

 「働きたくても働けない」「安定した職に就きたい」──いま、青年の失業率は約10%にのぼり、大学や高校を卒業しても就職できない青年が急増しています。不安定なアルバイトで生活している青年も少なくありません。
 いま、日本社会では、ほんとうに人手があまっているのでしょうか。じつは、社会のあらゆる分野で働く若い力が求められているのではないでしょうか。
 民間でも、公務員でも、青年の採用を大きく減らしてきたために、年齢構成が「逆ピラミッド」になり、いろんな技術や仕事が受け継がれない、職場から若い力が消えていく、という深刻な事態がうまれています。青年を大事にしない国は、経済も社会もだめになってしまいます。
 日本共産党は、今年2月13日、「未来をになう青年に生きがいのある仕事を」と青年雇用政策を発表しました。


【青年へのよびかけ】
未来をになう青年に生きがいのある仕事を

【青年雇用政策】
「深刻な就職難を解決し、青年に働きがいのある仕事と、
安心して働ける権利を保障するために」

マクドナルドの有給休暇、(しんぶん赤旗で報道)話題です/バイト青年の勇気に拍手/週刊誌が特集/ネットで討論(2001年9月5日(水)「しんぶん赤旗」)

社員に未払い残業代38億円/白木屋労組に会社が謝った/「頑張ってよかった」/勝利の和解(2001年9月7日(金)「しんぶん赤旗)

白木屋分会 勝利和解/2万人の従業員に残業代と休憩室/若い女性の勇気 広がった支援の輪
/いやがらせに負けず“たたかってよかった”
(2001年9月7日(金)「しんぶん赤旗」)


国会でみなさんとがんばる青年たちヨーロッパでは日本共産党の雇用政策へ

雇用問題あれこれキーワード
  ●青年の失業増は「職業意識が薄い」からか?
●就職難の一方でくらし支援の人手不足とは?
●逆ピラミッド型の 労働者の構成の問題とは?

●「あなたと仕事のサポート・マニュアル」
 働くあなたの悩みにこたえます

 
 
---------------
HOME


著作権:日本共産党中央委員会 
151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7 TEL03-3403-6111 FAX03-5474-8358 Mail:info@jcp.or.jp