日本共産党
2007年3月13日(火)「しんぶん赤旗」

教育と営利、両立無理

株式会社の大学設置 “特区廃止を”

吉井議員


 日本共産党の吉井英勝議員は九日の衆院内閣委員会で、文部科学省から大学運営の改善勧告を受けたLEC東京リーガルマインド大学(本部=東京都千代田区、反町勝夫学長)の問題について追及しました。

 LEC大は、小泉前内閣がすすめた構造改革特区制度で株式会社が初めて設立した大学です。文科省は一月、LEC大に百七十三人のうち勤務実態のない専任教員が約六割もいることをふまえ、改善勧告を出しました。

 吉井氏は、大学側が開いた説明会に参加した学生の保護者が「真摯(しんし)に大学のあり方を見直していくという姿勢はまったくうかがえませんでした」などと訴えたファクスを読みあげ、文科省の対応の甘さを批判しました。

 文科省の村田直樹審議官は、LEC大のほかにも大学以外の業務に従事する教師がいる問題があることを認め、「問題の把握や是正のための対応が遅れて、学生への十分な大学教育ができなかったことは反省している」と答えました。

 吉井氏は、「教育は営利を目的とした株式会社とは両立しない。株式会社に大学設置を認める特区制度は廃止すべきだ」と強調しました。


もどる
「戻る」ボタンが機能しない場合は、ブラウザの機能をご使用ください。

日本共産党ホームへ「しんぶん赤旗」へ


著作権 : 日本共産党中央委員会
151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7 Mail:info@jcp.or.jp