日本共産党

2006年3月3日「しんぶん赤旗」

学費高騰で重い負担 外相「この流れ問題」

石井衆院議員に


 石井郁子議員は1日、予算委員会分科会で、高等教育の無償化を求めた国際人権規約(A)の第13条2項bcの留保を撤回するように求めました。国立大学の標準の初年度納入金は82万円、私立大は平均130万円で家計の重い負担になっています。石井氏は「この条項を批准していないことが今日の学費高騰につながっている」と批判。麻生太郎外相は「指摘の事実を受けとめなければならない。今後もこのトレンド(流れ)を維持するのは問題がある」と認めました。


もどる

機能しない場合は、ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。


著作権 : 日本共産党中央委員会
151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7 Mail:info@jcp.or.jp