JCP
【どうする原発 どうするエネルギー 日本共産党はこう考えます】 東日本大地震と大津波によって、大量の放射能がもれだす重大事故をひきおこした福島第1原子力発電所。「原発はこのままでいいのか」「これからのエネルギー政策をどうしたらいいのか」という不安が、いま国民のなかにひろがっています。 PDFファイル
img

志位委員長が首相に提言

img

安全最優先の原子力行政に転換を

img

科学の立場で国民をまもるいっかんした原発問題への提起

img
img

 安全最優先の原子力行政に転換する。原発依存からぬけだし、自然エネルギーへ計画的に転換していく──日本共産党は、さしあたって急ぐべき被災者支援・復興、原発危機打開とともに、原子力行政・エネルギー政策の転換をはかることを提言にまとめ、首相に提起しました。

写真 菅直人首相と会談し、被災者支援・復興と原発事故問題について要請する志位和夫委員長=3月31日、首相官邸

記事へ

福島原発事故 危機をどう打開するか

 政府と東京電力は、情報を全面的に開示すべきです。事故の現状、放射能データ──正確な情報によってこそ、内外の専門家・技術者の知恵と力が総結集できます。
 すみやかに、わかりやすく知らされてこそ、国民も冷静な判断ができます。



JCPトップページサイトマップ「しんぶん赤旗」著作権リンクについてメールの扱いについてアクセス地図

(c)日本共産党中央委員会
151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4−26−7 TEL.03-3403-6111 FAX.03-5474-8358 メール