日本共産党
政策・活動 国会 党紹介 地方政治 党事務所住所 リンク ダウンロード 雑誌書籍 Q&A

キャッシング・クレジット・ローン サラ金被害をなくそう

写真

駅前のビルをうめつくすサラ金の看板(東京・新宿)

 超高金利、過剰な貸付、違法な取立…。日本のサラ金の異常なやり方が、230万人もの多重債務者を生み出しています。こんな国は世界にありません。「サラ金被害をなくせ」という世論と運動をうけて、06年の国会で「グレーゾーン金利」を廃止する歴史的な法改正が実現しました。日本共産党は、サラ金被害の根絶に向けて、全国の運動と手を結んで全力で奮闘しています。

サラ金被害にどう対応するか?

「多重債務相談マニュアル」で心構え・ポイントをつかもう!

 全国のサラ金相談の経験を参考に、金融庁が「多重債務相談マニュアル」をまとめました。マニュアル作成は、日本共産党の大門実紀史議員が、今年3月の国会で提案していたものです。→くわしく

政府が「多重債務問題改善プログラム」を発表

着実な実施を求めて運動しよう!

 既存の借り手を救済するため、国・自治体・サラ金業界・警察がやるべき施策を明らかにしたものです。政府の「公約」であり、着実な実施を求めていく必要があります。→くわしく

気をつけて!
気軽に借りるとこんなに大変!

あなたのせいじゃない!
サラ金被害から抜け出そう!

 現在、サラ金を利用する人は2000万人以上、多重債務で苦しむ人は230万人を超えています。無法な取立てに苦しむ人などを含めると、数百万人がサラ金被害に苦しんでいます。サラ金被害の解決は、もはや国民的課題です。このコーナーでは、サラ金被害の解決に役立つ方法について紹介していきます。→詳しく


JCPトップページサイトマップ「しんぶん赤旗」著作権リンクについてメールの扱いについてアクセス地図

(c)日本共産党中央委員会
151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4−26−7 TEL.03-3403-6111 FAX.03-5474-8358 メール