赤旗まつり初日 「復興の味どうぞ」

写真
(写真)東日本大震災のパネルを展示して笹かまぼこなどの販売をする全国物産模擬店、宮城の店

 「元気な復興の味をどうぞ」―。赤旗まつりの全国物産模擬店街に威勢のいい掛け声が響きます。東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島からも多くの業者が出店しました。そのなかには被災した業者もあります。

 津波で加工場や事務所を失い再建中の宮城県石巻市の水産加工「ヤマトミ」は、初めての出店。「金華〆(しめ)さば」や「真穴子丼」などを販売します。

 千葉雅俊社長(62)は、「震災後、共産党ボランティアのみなさんに大変お世話になりました。感謝の気持ちも込めて出店しました。わが社が紹介された『赤旗』の記事をもって激励にきてくれるお客さんが何人もいます。気持ちが一つになれる素晴らしいまつりです」といいます。

 本社工場や自宅を津波で流されたかまぼこメーカー「ささ圭」(同県名取市)は、前回に続いて2度目の出店です。震災で機材を失い、昔ながらの石臼ですり身を作ったかまぼこに「希望」と名づけて売り出しました。

 「早く赤旗まつりが開かれないかと、心待ちにしていた」という佐々木圭亮(けいすけ)社長(63)。「『希望』をたくさん持ってきました。まだまだ再建途上ですが、復興への思いを込めた『希望』を味わってほしい」

「しんぶん赤旗」2014年11月2日