「政治も社会も変えられる」山下芳生書記局長、池田香代子さん(1日午後2時)/「『超貧困と戦争の日本』なんかにしない!」森永卓郎さん、小池晃副委員長(2日午前10時15分)

縦横に語る

 第41回赤旗まつり(11月1~3日、東京都江東区の夢の島公園)の二つの政治プログラムの内容やタイトルが決まりました。

「政治も社会も変えられる アクティブ★トーク」 (1日午後2時)

写真
山下芳生書記局長

写真
池田香代子さん

 山下芳生書記局長が出演する「政治も社会も変えられる アクティブ★トーク」は、1日午後2時から野外ステージで行われます。

 今年1月、日本共産党第26回党大会で書記局長に選出された山下さんが、ドイツ文学翻訳家で、ベストセラー『世界がもし100人の村だったら』の著作がある池田香代子さんと語りあいます。

 阪神・淡路大震災の被災者支援から始まり、若者雇用の問題やブラック企業追及に活躍してきた参院議員の山下さん。

 若い人に交じって、原発・再稼働反対や秘密保護法反対の官邸前行動はじめ、さまざまな集会、デモで声を上げ続ける池田さん。

 ベストセラー誕生秘話やそれぞれの活動の原点、日本社会の現状をどうみたらいいのか、希望はどこにあるかまで、「アクティブ(活動的)」なトークをぜひ、お楽しみください。

 

「モリタクさん&小池さんのアベノリスク対談――『超貧困と戦争の日本』なんかにしない!」 (2日午前10時15分)

写真
森永卓郎さん

写真
小池晃副委員長

 2日午前10時15分から、野外ステージで行われる森永卓郎さん(経済アナリスト)と小池晃さん(党副委員長、参院議員)の対談タイトルは、「モリタクさん&小池さんのアベノリスク対談――『超貧困と戦争の日本』なんかにしない!」です。

 経済アナリストとして、本当の豊かさのためには「平和と平等」が欠かせない、と訴えつづける森永さん。アベノミクスは、弱肉強食社会、超貧困社会をつくりだすもの!と警鐘を鳴らしてきました。

 小池さんは、消費税に頼らない、くらしと経済を立て直すための日本共産党の対案を、スッキリ、わかりやすく語ります。

 2人が、アベノミクスの問題点、消費税増税や環太平洋連携協定(TPP)の日本の経済と暮らしへの影響、安倍政権が進める「戦争する国」づくりの危険まで、たっぷりと語り合う1時間です。

「しんぶん赤旗」2014年10月17日