ハンセン病問題交流会 今回も行います 2日午後

 前回赤旗まつりで好評のハンセン病問題交流会を今回も、11月2日(日)午後3時30分から「消費税増税反対コーナー」のテントを借りて行います。

 主催は、「日本共産党と解決するハンセン問題青年ネットワーク(通称・ハンセン青年ネット)」。

 イベントは2部形式。第1部は、映画「熊笹の遺言」の上映会です。群馬・草津町にある栗生楽泉園(くりうらくせんえん)に暮らすハンセン病元患者のみなさんたちを追った作品です。

 第2部では、「トーク企画 ハンセン病問題は今どうなっているの?」。最新の現状報告、療養所・入所者・退所者が抱える課題は何かなどについて討論します。

 両企画を通して、ハンセン病のそもそもを知ってもらうとともに、現状と問題点を明らかにします。ハンセン病国家賠償訴訟など患者の人権回復のためにたたかった故谺(こだま)雄二さんをはじめ、多くの患者のみなさん、支援の方々の思いを語りあいたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

写真
(写真)前回赤旗まつりで、「ハンセン病問題はまだ終わっていない」と語る谺雄二さん(左)と参加者=2010年

「しんぶん赤旗」2014年10月16日