子育て世代トークイベント うちの子は戦争にやらない!  若者広場 1日目

 第41回赤旗まつり(11月1~3日、東京・江東区の夢の島公園)の若者広場で、初日の1日正午から、子育て世代のトークイベント「うちの子は戦争にやらない! with たつみコータロー」があります。


たつみさん.jpg
たつみさん
かばさわさん.jpg
かばさわさん

 東日本大震災、原発事故、第2次安倍政権による秘密保護法の強行採決、集団的自衛権容認の閣議決定……。そのなかで、ママパパたちの「子どもを戦場に送らない」「原発のない未来を子どもたちに」という思いと行動が広がっています。

 トークイベントの企画会議には、首都圏の日本共産党と女性後援会の子育て世代の若いメンバーが集まって、大盛り上がり。「『安倍さん、本気で戦争をおこそうとしてない?』っていう危機感がすごい」「でも、政治のことってうまくしゃべれない、『中国が攻めてきたらどうするの?』とか聞かれてもうまくこたえられないっていう声も」「同じ思いをもつママパパが本音でしゃべって、パワーアップできる場にしよう」「子どもも楽しめる工夫もしよう」と企画を具体化しました。

 午後1時からのトークライブ「うちの子は戦争にやらない!」に登場するのは、国会で活躍する新米パパのたつみコータロー(辰巳孝太郎参議院議員、38歳)、かばさわ洋平千葉市議予定候補(35)、1歳の子のママTomicaさん(別項)。子育て中の3人のスペシャルトークです。午後2時からは、「安倍政権のたおし方!」をテーマに、会場からのフリートークの時間です。

 企画の担当者は、「トークライブとフリートークのあいだには、和太鼓パフォーマーの再登場など、子どもと一緒に楽しめる工夫も満載です。どうぞ、気軽に遊びに来てくださいね☆」。

初参加の「赤旗まつり」でしゃべるなんて、予想外の展開(笑)

1歳の子のママ  Tomicaさん

↑日本共産党ホームページの「第41回赤旗まつり」のページからダウンロードできます.jpgウンロード(PDF)

 2011年、東日本大震災と原発事故に直面して、政府やマスコミの言うことをうのみにしていちゃいけない、一人ひとりの何気ない発言や行動こそが民主主義をかたちづくっているんじゃないかと、それまでの考えが百八十度変わりました。震災の翌日にツイッターを始め、自分からデモや選挙に行くなかで日本共産党にも注目するようになりました。いまの安倍さんはこわいですね。

 今回、デモ仲間から声をかけられたことをきっかけに、「赤旗まつり」の若者広場にださせてもらいます。初参加の「赤旗まつり」でしゃべるなんて、予想外の展開ですが、思いっきり楽しみたい。

若者広場1日目プログラム.jpg

「しんぶん赤旗」2014年10月24日