「第41回赤旗まつり」小木曽実行委員長が参加のお誘い 開幕目前 "楽しく元気"ご一緒に

  • 投稿日:

写真
(写真)小木曽陽司実行委員長

 第41回赤旗まつり(11月1~3日、東京都江東区の「夢の島公園」)が目前です。小木曽陽司実行委員長(赤旗編集局長)から、読者のみなさんへ参加のお誘いです。

 赤旗まつりの魅力を一言でいえば、「楽しく元気の出るまつり」ということです。「元気の源」は、「世界と日本のいま」に正面から向き合い、打開の道を探る政治プログラムの数々です。

「元気の源」は…

 志位和夫委員長の記念演説(2日)、山下芳生書記局長と池田香代子さんとの「アクティブ★トーク」(1日)、不破哲三・社会科学研究所所長の「科学の目」講座「『日本の戦争』を考える」(3日)をはじめ、集団的自衛権、消費税増税、原発、沖縄新基地など政治の焦点課題にズバリ切り込んだ討論企画を毎日お届けします。

 どの問題でも安倍政権の暴走に対決し、対案を示してたたかう日本共産党ならではの企画です。ご期待ください。

八代亜紀さん登場

 文化プログラムでは、抜群の歌唱力で、「舟唄」「雨の慕情」など数多くのヒット曲のある八代亜紀さんの初登場(2日)に期待が高まります。「沖縄の心」を歌う古(こ)謝(じゃ)美佐子さん(1日)、ロックのソウル・フラワー・ユニオン(3日)をはじめ、クラシック、民謡、浪曲など多彩なジャンルの第一級のアーティストが盛り上げてくれるでしょう。

 毎度おなじみの「青空寄席」とあわせてお楽しみください。

「広場」が充実

 若者自身がつくりあげる「若者広場」のステージが充実しています。子育て世代や学生、原発や憲法の問題で怒りや疑問を持ち、声を上げ始めた若者が集結し、発信、交流します。

 3日間にわたって親子で楽しめる催しがいっぱいの「子ども広場」、各種競技や教室で人気の「スポーツ広場」にも、ぜひ足をお運びください。

まつりの醍醐味

 赤旗まつりといえば、やっぱり全国の名産品やグルメがそろう「全国物産模擬店」、「ふるさと味の店」でしょう。「大バザール」「食事の広場」「産直コーナー」とあわせて、まつりの醍醐味(だいごみ)を満喫してください。

 日本共産党展や「しんぶん赤旗」展もお見逃しなく。約6万冊の本がそろう大書籍市、アート展など「秋」にふさわしい催しもいっぱいです。

 ぜひ、みなさん、お誘いあってご参加ください。1日目、3日目は比較的ゆっくりと、各種催しや買い物を堪能できます。秋の一日を楽しく元気の出るまつりでご一緒しましょう。

 

「しんぶん赤旗」2014年10月21日