宗教施設65カ所でお誘い 横浜・神奈川区 しばた県議予定候補と宇佐美市議予定候補ら

  • 投稿日:
写真

(写真)横浜市神奈川区内の宗教施設を訪問した、(左から)しばた、宇佐美の両予定候補=16日

 横浜市の日本共産党神奈川区委員会は16、17、19の3日間、しばた豊勝県議予定候補や宇佐美さやか市議予定候補を先頭に、区内の宗教施設65カ所を訪問し、宗教者に第41回赤旗まつり(11月1日~3日)のお誘いをしました。

 同区委員会は、事前に「しんぶん赤旗」のシリーズ「2014夏・黙ってはいられない」と「訪問させていただきたい」と書いたあいさつ文などを訪問先に送付しました。

 訪問先では、記事を読んでいた人もいて、「安倍政権に非常な危機感を持っています。ご活躍を期待しています」「『反・安倍』の運動をしている牧師もいます」「『黙ってはいられない』の気持ちはまったく同じです」などと対話になりました。

 まつりのチラシなどの宣伝物は、訪問・対話したすべての人が受け取りました。「一度は行ってみたかった」という人もいました。

 しばた氏は「安倍政権に対する不安と危惧の念は強く、共同できる裾野が広いと実感しました。赤旗まつりのお誘い活動を、一致点での共同をさらに広げる契機にしていきたい」と話しています。

(「しんぶん赤旗」2014年9月27日)