県で1万2000人超す参加を 埼玉県実行委が会場調査

  • 投稿日:

赤旗まつり会場を調査する埼玉県実行委.jpg

赤旗まつり会場を調査する埼玉県実行委=24日、夢の島公園

 11月1~3日に開かれる第41回赤旗まつり(東京都江東区・夢の島公園)の成功に向けて、埼玉県の赤旗まつり実行委員会は24日、会場の調査を行いました。

 25人が参加し、中央実行委の大川弘道設営・設計委員会副責任者の案内で、埼玉県テントの設置場所や会場の移動経路などを確認しました。

 調査後に公園内施設で交流。大野辰男実行委員長(党県書記長)は、過去最高の1万2000人(第35回赤旗まつり)を超える参加券の普及を目標にし、バスを79台出すなどの計画を報告しました。

 参加者は「会場で後援会を(再)結成しようと呼びかけている」「後援会と一緒に実行委員会をつくり、ニュースを毎週出して推進している」「県議選・市議選の勝利をめざしバスを3台出す」「初めての人に、まつりの魅力や楽しさがわかる工夫をしている」など、取り組みを交流しました。

 中央実行委の沢田博参加券普及委員会副責任者は、全国の取り組み状況や目玉企画の魅力などを語り、成功に向けて、東京都の党組織に次いで参加実績のある埼玉県の党組織の奮起に期待を表明しました。

(「しんぶん赤旗」2014年9月25日)