不破さん「科学の目」講座テーマ 「『日本の戦争』を考える」 11月3日 午前11時から

不破哲三・社会科学研究所所長

不破哲三・社会科学研究所所長

 第41回赤旗まつり(東京都江東区の夢の島公園・11月1~3日)で行われる不破哲三・社会科学研究所所長による「科学の目」講座「『日本の戦争』を考える」は、来年の戦後70年を前にしたタイムリーな企画だけに、大きな期待が集まっています。

 不破さんの話の柱は次の通りです。

 ▽なぜ「侵略戦争」というのか

 ▽政治のどんな仕組みが戦争を起こしたのか

 ▽兵士たちはどんな戦争をさせられたか

 ▽国民はどんな扱いを受けたか

 ▽この戦争を安倍内閣はどう見ているのか

 不破さんの「科学の目」講座は、2001年の赤旗まつりから始まり、これまで「21世紀と『科学の目』」(01年)、「ふたたび『科学の目』を語る」(02年)、「『科学の目』講座 いま世界がおもしろい」(06年)、「『科学の目』で日本の政治史を読む」(10年)と続き、赤旗まつりの魅力の一つとして定着してきました。

 赤旗まつり3日目の11月3日午前11時から「BumB 東京スポーツ文化館」のメインアリーナでおこなわれます。

 

前回赤旗まつりの「科学の目」講座で不破哲三社会科学研究所所長の講演を聞く人たち=2010年.jpg

前回赤旗まつりの「科学の目」講座で不破哲三社会科学研究所所長の講演を聞く人たち=2010年

(「しんぶん赤旗」2014年9月19日)