おさそいムービー第2弾 食べて、遊んで、学ぶ 魅力丸ごと

写真
(写真)熱戦が繰り広げられたフットサル大会 写真
(写真)ワインの試飲に笑顔がこぼれる参加者 写真
(写真)たくさんの人でにぎわう「大書籍市」

 食べて、買って、遊んで、学ぶ―。「赤旗まつり」は、参加するみなさんが“主役”のまつりです。前回(2010年)のまつりの映像を見ながら、その魅力を丸ごと味わえる「おさそいムービー」第2弾(DVD、4分13秒)ができました。

 案内役はインターネット上で、日本共産党の政策や、楽しく政治を伝える特命PR部、日本共産党「カクサン部」のイラストキャラクターたち。

 カクサン部の俵米太郎が「なんでも売ってるべ」という名物「全国物産模擬店」「大バザール」を紹介。家族連れやチンドン屋風の呼び込みが、にぎわいを伝えます。

 「食事の広場」「ふるさとの味」では、子どもがアユの塩焼きにかぶりつき、「まつり会場はどこにいっても、ええ匂いや~!」とはカクサン部の小曽館育子。

 6万冊以上の品ぞろえ「大書籍市」。サイン会では志位和夫委員長が“にっこり”握手も。参加型のアーチェリーやフットサル。「若者の広場」では、カクサン部の雇用のヨーコが「パフォーマンスも交流も盛り上がりましょう」と呼びかけます。

 ミニSLがある「こども広場」。囲碁・将棋の対局。「似顔絵」コーナー。日本共産党の92年の歴史を紹介する「日本共産党展」など盛りだくさんです。

 ムービーは、最後にステージ企画、アクセス方法、前売り参加券の情報を伝えています。

 

(「しんぶん赤旗」2014年9月14日)