"目玉企画"準備を確認 第1回係責任者会議

  • 投稿日:

 11月1~3日に東京都江東区の「夢の島公園」で開かれる第41回赤旗まつりの第1回係責任者会議が7月4日、日本共産党本部で開かれました。企画、各コーナーについて、魅力ある“目玉企画”をしっかり準備していくことを確認し、参加券普及など赤旗まつり成功へ向けた取り組みを話し合いました。

 今回の赤旗まつりは2010年以来4年ぶりの開催。小木曽陽司実行委員長(赤旗編集局長)が「この4年間を振り返ると、東日本大震災、福島第1原発の事故が起きた。安倍自公政権の暴走に各分野で『一点共闘』が広がり、党をとりまく状況も一変した。新しい情勢にふさわしい新しいまつりを模索・探求していきたい」とあいさつしました。

 主な政治プログラムや、多彩なジャンルの第一級の顔ぶれが出演する野外ステージ(中央舞台)の文化プログラム、「青空寄席」の内容はほぼ固まってきました。日本共産党と「赤旗」の魅力がぎっしりとつまった赤旗まつりの存在を知らせていこうと話し合いました。

写真
(写真)第41回赤旗まつり係責任者会議=4日、党本部