日曜版「しんぶん赤旗」

日本共産党メイン

「しんぶん赤旗」トップ

 カテゴリー

1面
日曜ワイド
ひと
この人に聞きたい
歴史に向き合う
復帰45年 オール沖縄の心
お役立ちトク報
メディアは今
私と介護
生きる
そこが知りたい日本共産党
介護 現場からの告発
安倍改憲を問う
戦争する国のリアル
戦争法廃止の政府を
インタビュー戦後70年
戦後70年を考える
激動の断面
健康らいふ
くらし彩々
スポーツ
たび
文化
10's20'sYモード
少年少女
世界.net
地域発
現場から問う安倍政治
連続追及ブラック企業
原発ゼロへ 私の思い
片づけの極意


 バックナンバー

生きる の紹介

くらし彩々

御嶽山 夫の命なぜ奪われた

2017年03月12日号

 噴火警戒レベルあげれば犠牲防げた
 裁判で国と県の責任問う 伊藤ひろ美さん
生きる

17031209Ontake180.jpg2014年9月27日の御嶽山噴火災害で夫の康夫さんを亡くした東御市の伊藤ひろ美さん。気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどとして、ほかの遺族とともに国と県に損害賠償請求訴訟を起こしました。



生きる

脱げない着ぐるみ はがして

2016年12月04日号

 性別違和 女性から男性へ適合手術
 LGBT当事者の相談に応える看護師
 浅沼智也さん
生きる

16120416LGBT180.jpg浅沼智也さんは、性別適合手術を機に、戸籍を女性から男性に変更しました。看護師の資格を生かし、性的少数者(LGBT)や医療関係者の相談に応じています。



生きる

おどけた顔が希望

2016年10月02日号

 難病の次女・真心ちゃんが教えてくれた
 加藤さくらさん
生きる

16100216Sakura180.jpg娘の真心ちゃん(6)が生後半年のとき、当時の医学情報で20代まで生きられるかわからない難病と診断された加藤さくらさん(35)。絶望から救い出し「今を大切に生きよう」と気づかせてくれたのは、真心ちゃんの笑顔でした。



生きる

一度は捨てかけた命 制度改善へ再び輝く

2016年06月05日号

 原因不明の難病 アイザックス症候群
 患者会代表務める 和田美紀さん
生きる

16060509Isaacs180.jpgシリーズ「生きる」。今回は、2011年に、原因不明の難病アイザックス症候群と診断され、同患者会代表を務める和田美紀さんに聞きました。



生きる

孤独な時は短歌をよもう

2016年04月24日号

 母の自殺、いじめ経験 PTSDを抱える
 セーラー服の歌人 鳥居さん

生きる

16042416Torii180.jpg「セーラー服の歌人」といわれる鳥居さん。自身の生きづらさを詠んだ、初の短編集『キリンの子 鳥居歌集』が話題です。



生きる

やりたいこと いつも前向き

2016年01月10日号

 いつか動けなくなる 筋ジストロフィー
 講演とライブ活動を続ける 小澤綾子さん(33)

生きる

16011016Ayako180.jpg「声のつづくかぎり歌い続けたい」。小澤綾子さん(33)=会社員=は、進行性難病の筋ジストロフィーとたたかいます。バリアのない世の中をめざし、全国で講演とライブ活動をしています。



生きる

病気を正しく知る 堂々と笑顔で進む

2015年11月29日号

 うつと誤診9年 薬で症状が悪化
 若年性レビー小体型認知症
 実名で体験を語る 樋口直美さん
生きる

15112903dementia180.jpg病気や障害など、さまざまな困難を抱えながら、しなやかに自分らしく生きる女性の姿を描く新シリーズ「生きる」。第1回は、樋口直美さん(53)です。若年性レビー小体型認知症と診断されるまで、発症から丸9年かかりました。自分と同じ苦しみを繰り返してはならない、と実名を公表し、自らの体験を語っています。



(c)「しんぶん赤旗」日曜版