しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

社会1月

シリーズ「守ろう! 地球の未来」

カジノ汚職追及

追及―「桜を見る会」私物化・隠ぺい

top.jpg


●シリーズ「守ろう! 地球の未来」

・生物多様性から考える/中央大学教授 鷲谷いづみさん(1月3日付

・若者たちの行動 ともに/地球環境市民会議 専務理事 早川光俊さん(1月4日付)

・気候正義へ いま行動を/Friday For Future Nagoya 中村涼夏さん(1月5日付)

・負のサイクル止めよう/Friday For Future Fukuoka 阪口真生志さん(1月6日付)

・石炭火力 全廃進めたい/横須賀石炭火力発電所訴訟原告団長 鈴木陸郎さん(1月7日)

・日本の気象災害被害/世界一深刻だった(1月8日付

・温暖化と猛暑/〔上〕発生確率 違いで証明〔下〕“異常”が当たり前に(1月9日付、10日付)

●日本は石炭化発やめろ/COP25報告会「削減目標引き上げを」1月27日付

●パーム油発電所 中止して/株主に環境団体訴え1月30日付

●プラごみ添加剤/食べた海鳥に移行1月31日付

●シリーズ「共に生きる」

・「怒り」可視化したい/芝居で危機感を表現する精神科医(1月1日付)

・法律の壁おかしい/同性婚できないのは違憲と提訴した2人(1月3日付)

・すべてを伝えたい/国内最後のセルロイド職人と弟子(1月4日付)

・命輝かせ めざせ40歳/1歳のときに保育園の洗濯機に転落(1月7日付)

・真実は必ず壁透す/松川事件「地元の会」(1月17日付)

・安心して自律準備/若者たちのためのシェアハウス「猫の足あと」(1月20日付)

・はね伸ばせる居場所/さまざまな年代・ルーツの人が集まる「横内プロジェクト」(1月22日付)

・一人も取り残さぬ/台風被害からの復興に奔走する宮城・丸森町の共産党町議(1月23日付)

●カジノ汚職追及

・安倍政権、批判に背/管理委設置・解禁日程強行(1月6日付

・中国企業献金問題/政治資金オンブズマン共同代表 上脇博之さんに聞く(1月14日付

・横浜でカジノ大規模見本市/疑惑報道の企業も参加(1月30日付

・カジノ絶対止める/総決起の集い各地から決意(1月27日付

・カジノ解禁、誰がいつ決めたの?(1月28日付

●追及―「桜を見る会」私物化・隠ぺい

・首相 意味不明“募ったが募集してない”(1月29日付

・野党協力し答弁求める/首相、苦しい言い訳(1月31日付

●物価下落偽装/生活保護裁判で判明/政府 基準引き下げへ不適切計算1月10日

●社会リポート/性被害救済20年の壁1月11日付

●海自「おおすみ」事件/釣り船沈没 究明ヤマ場1月16日付

●躍動 28回党大会

・台風被災 地方議員が経験交流/現場急行 どこにでも(1月17日付

・ジェンダー平等社会 みんなで実現(1月18日付

・さぁ歴史の扉開こう/10代20代代議員大集合(1月18日付

・原発ゼロへ積み重ね/立地地域の議員と地区委員長(1月19日付

●原発ゼロへ

・世論と司法 原発止める(1月28日付

・伊方3号 再び差し止め/広島高裁「断層調査は不十分」(1月18日付関連記事

・MOX燃料取り出し/伊方原発/本格使用後は国内初(1月15日付

●台風19号避難所3カ月/福島70代夫婦「行政は寄り添って」(1月29日付

●権利としての障害児教育~養護学校義務制40年

・すべての子らに教育を(1月23日付

・学びの保障と現場の課題(1月24日付)

・子どもに合わせた学校へ(1月25日付)

●暖冬 雪不足に悲鳴/スキー場利用客 大幅減1月26日付

●南アルプス壊すリニア工事/沿線住民ら全国集会1月20日付

●阪神・淡路大震災25年

・家を失い絶望の日々が…/被災後に共産党に入党(1月14日付

・町おこしに次世代立つ/神戸の商店街(1月15日付

・神戸でメモリアル集会/残る課題、解決誓う(1月18日付

●少年法年齢引き下げ議論大詰め/更生の現場は反対1月12日付
 


◎伊方原発/MOX燃料取り出し/国内初/処分法は未定

 四国電力は13日午後、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)から使用済みのMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料を取り出す作業をはじめました。四電は当面、敷地内のプールで保管する予定ですが、その後の処分法も決まっていません。
 商業用原発での本格的な利用後の使用済みMOX燃料の取り出しは初めてです。現在、伊方3号機のほか、関西電力高浜原発3、4号機、九州電力玄海原発3号機の4基でMOX燃料を利用していますが、今月にも取り出しを予定している高浜3号機など、今後順次、各原発で使用済みMOX燃料の取り出しが行われる見込みです。
 四電は今回の定期検査で全燃料157体中、37体を取り替えますが、うち16体が使用済みMOX燃料です。当初、13日午前0時ごろに取り出す予定でしたが、12日に制御棒1本が誤って引き上げられたトラブルのため、13日午後11時57分に1本目のMOX燃料を取り出しました。取り出し作業は16日までの予定です。また、四電は乾式キャスクによる使用済み核燃料の貯蔵施設を伊方原発内に建設する予定ですが、使用済みMOX燃料はその貯蔵対象になっていません。
 政府は、使用済みMOX燃料について再処理してプルトニウムなどを取り出し、再利用する方針です。しかし、国内に放射線量の高い使用済みMOX燃料を再処理できる施設のめどはたっていません。
 仮に再処理しても使用済みMOX燃料はプルトニウムの質が悪くなるため、プルサーマルによる再再利用は困難と指摘されています。
 また、強い放射能を有する超ウラン元素も使用済みウラン燃料以上に増大し、発熱量も高いことから、保管の上での安全面での懸念もあります。
(1月15日付)


原発の真実に迫るルポが本になりました

『原発の闇 その源流と野望を暴く』



 


pageup