しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月9日(日)

避難訓練生かして町内会で炊き出し

安平町の三浦町議ら

 北海道地震の震源地に近い安平(あびら)町の日本共産党の三浦恵美子町議は8日、被災者救援へ町内会の炊き出しに加わっています。

 三浦氏が住む若草と花園地域では、普段から避難訓練を実施し、地震発生直後に発電機を稼働させ、水道が出るうちに水を確保しました。町内の女性たちが集まり、おにぎり、焼きそば、空揚げ、ピザ、野菜などが日替わりで並びます。被災し家屋が一部倒壊して困難を抱えている人も材料を提供しています。

 町内の人たちは「避難訓練していたことが実践に生かせました」と話し合っています。

 昨年暮れに安平町に移住した三浦氏。「地域のみなさんの結束力の強さは、とても勉強になりました。私も町内会の一員として、町議として頑張ります」と話しています。


pageup