しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月7日(金)

台風21号 被災地切実

京都 修復へ補助金紹介

穀田氏 寺社訪ね被害調査

写真

(写真)西本願寺で倒壊した土塀を確認する(左から)原田府議、穀田衆院議員、西脇府議=6日、京都市

 台風21号の被害を受けた京都市で6日、日本共産党の穀田恵二衆院議員が京都府議とともに寺社を訪問し、強風によって破損した建築物などの被害の聞き取りを行いました。

 西本願寺(下京区)では、南能舞台の南側にある中雀門の土塀(高さ3メートル)が20メートルにわたり倒壊し、中雀門の欄間(らんま)も破損しました。土塀は最後に修復されてから60年以上が経過しているとのことでした。

 穀田議員は西本願寺職員の中尾史峰さんに、文化資料の保全に使える補助金を紹介し「貴重な文化財が修復されることを願います」と話しました。

 1802年に建てられたという称名寺(中京区)では屋根瓦が吹き飛ぶなどし、岡見弘道住職は「室戸台風(1934年)以来の被害だ」と言います。

 西脇いく子京都府議、原田完京都府議、浜田良之京都府議が同行しました。


pageup